「Vernee Apollo Lite」MediaTek Helio X20 (MTK6797)で200ドル以下の超絶コスパが魅力の中華スマホ

Verneeといえば2Kディスプレイを搭載した無印「Vernee Apollo」が注目を集めていますが、廉価モデルである「Vernee Apollo Lite」はコストパフォーマンスが優れたAndroidスマートフォン。

MediaTek helio X20, 10コアCPUを搭載しながら$200以下とMTK6797搭載の中華スマホの中でも激安のコスパが特徴になっており、16MPの背面カメラなど他にも注目ポイントが多い機種となっています。

Vernee Apollo Lite

MODELVernee Apollo Lite
ブランドVernee
OSAndroid 6.0 Marshmallow
Vernee VOS
ディスプレイ5.5インチ フルHD
SHARP IGZO IPS
Corning Gorilla Glass 3
プロセッサーMEdiaTek Helio X20
10コア CPU
ARM Mali-T880 MP4 GPU
RAM4GB LPDDR3 RAM
ROM32GB ROM
外部メモリmicroSDカードスロット対応
(最大128GB)
カメラリア:
16MP, SAMSUNG s5k3p3 ISOCELL DPAF
デュアルカラーフラッシュ
4K, 2K@30fps, 1080p@60fps対応
フロント:
5MP, s5k5e8
バッテリー3,180mAh
Wi-Fi802.11 a/b/g/n, 2.4GHz / 5GHz
Bluetooth4.0
SIMサイズmicro SIM + nano SIM
対応バンドNetwork type: FDD-LTE+WCDMA+GSM
2G: GSM 1900/1800/850MHz/900MHz
3G: WCDMA 900/2100MHz
4G: FDD-LTE 800/1800/2100/2600MHz
位置情報GPS, A-GPS
センサーG-sensor, P-Sensor
L-Sensor, Ambient Light Sensor
Gyro, Compass, Hall, Fingerprint
OTGサポート(USB Type-C)
本体サイズ約152*76.2*9.2mm
重量175g
カラームーンライトシルバー
スペースグレー
参照http://www.vernee.cc/apollo-lite/specs.html#specs

Vernee VOS

OSはAndroid 6.0.1 Marshmallowを標準搭載。Vernee独自のVOSというカスタマイズが入っていますが、実際のUIはAOSP標準、ストックAndroidに近いのがわかります。

5.5インチ、フルHDディスプレイ(SHARP IGZO)

ディスプレイは5.5インチ IPS。解像度は1920*1080のフルHDとなっています。SHARPのIGZOディスプレイを採用しているのが特徴となっており、この辺りにも期待。

16MPカメラ, 4K動画撮影対応

SAMSUNG S5K3P3採用の16MP背面カメラを採用。PDAFに対応しており、動画撮影は4K@30fpsに対応しています。

カメラUIのカスタマイズはほぼなし。撮影された写真を見ると、この価格帯では、明るい場所なら鮮明な写真がとれているようです。

指紋認証センサー

背面には指紋認証センサーを搭載。360度認証が可能となっており、高速アンロックが可能です。

急速充電 Pump Express 3.0対応

Vernee APollo LiteはMediaTek「Pump Express 3.0」急速充電に対応しており、1時間15分ほどで100%まで満充電が可能。バッテリー容量も3180mAhとこの価格帯、サイズ感では十分な容量を搭載しており、電池持ちに困ることはあまりなさそうです。

 Vernee Apollo Liteまとめ

MediaTek Helio X20搭載のSIMフリースマートフォンでは、中華スマホの中でも$200以下とコスパはかなり高め。最安でいうとおそらくLeEco 2 X620なのですが、LeEco 2 X620で安くなっているのはピンクカラー(人気ないのかな?)なので、シンプルな本体カラー+helio x20搭載機では最安近い価格です。

$180程度で購入できるようになっているので、購入サイトを確認しておきましょう。