VIVO X9、NBAエディションが登場。

中国から「VIVO X9」が登場したのは2016年と少し前のことですが、米バスケットボールNBAのロゴを冠した「VIVO X9 NBAエディション」が発表されました。ブルーに包まれた新モデルの価格は2998元から。

VIVO X9、NBAエディションが発売

中国でVIVO X9の「NBA Edition」が発売。文字通りNBAのロゴやカスタマイズされたアイコン、スペック面では5.5インチのFHDディスプレイにフロントにデュアルカメラを備えています。

背面にはNBAのロゴ。

Funtouch OS 3.0とカスタマイズされたアイコン。

20MP+8MPのセルフィー用デュアルレンズ。

基本仕様は以下の通り。

  • VIVO X9 活力蓝NBA定制机
  • 5.5インチ 1920×1080 フルHDディスプレイ
  • Qualcomm MSM8953 Snapdragon 625 オクタコアCPU 最大2.0GHz
  • 4GB RAM
  • 64GB ROM
  • Funtouch OS 3.0 / Android 6.0.1
  • 20MP+8MPセルフィーカメラ
  • 16MPリアカメラ
  • 3050mAhバッテリー
  • 厚み約6.99mm
  • Wi-Fi, Bluetoothサポート
  • AK4376 オーディオチップ

対応バンド:

2G GSM :GSM850/900/1800/1900MHz
2G CDMA: 800MHz
3G WCDMA:850/900/1900/2100MHz;
3G TD-SCDMA:1880/2010MHz;
3G CDMA2000:800MHz
4G TDD-LTE:B38/B39/B40/B41(100M);
4G FDD-LTE:B1/B2/B3/B4/B5/B8
4G+ TDD-LTE:B38/B39/B40/B41;
4G+ FDD-LTE:B1/B3/ B1+B3

実はVIVO、ウォーリアーズのステファン・カリーと組んでCM(VIVO V5 Plus)をだしたりもしてました。すでに有名メーカーとなっているのは間違いありませんね。