「vivo Y75」発売。5.7″ 18:9のミッドレンジ, 16MPセルフィー, Face Wakeでのアンロック対応

vivo-y75-design

以前TENAAからリークしていた「vivo Y75」が中国で正式に発売。ブラック、ゴールド、ローズゴールドが用意され、価格は1598元(約2万7000円)。

AndroidベースのFuntouch OS、5.7″, 18:9のアスペクト比を採用したHD+ディスプレイ、MediaTek MT6763(Helio P23)、4GB RAM、32GB ROM、microSDカードスロットに対応しており、16MPのセルフィーカメラ、Face Wakeでのアンロックに対応したミッドレンジモデル。

「Face Wake」のミッドレンジ「vivo Y75」が中国で発売

vivo-y75-design

vivo Y75が中国現地で発売。 Androidベース、FunTouch OSを搭載したミッドレンジのスマートフォンで、価格は1598元。日本円にして2万7000円前後。

vivo Y75のスペック・基本仕様

vivoy75colors

MODELvivo Y75
カラーゴールド
ブラック
ローズゴールド
本体サイズ149.3 mm
72.8 mm
7.9 mm
139g
バッテリー3000mAh
OSFuntouch OS
Android 7.1ベース
プロセッサーMediaTek MT6783 (Helio P23)
オクタコアCPU
RAM4GB
ROM32GB
外部メモリmicroSDカードスロット最大256GBサポート
ディスプレイ5.7インチ IPS
1440×720ドット Incell
18:9
カメラ16MPフロント F/2.0
13MPリア F/2.2
対応バンドGSM:B2/B3/B5/B8
CDMA:BC0
WCDMA:B1/B5/B8
TDS:B34/B39
FDD-LTE:B1/B3/B5/B8
TDD-LTE:B34/B38/B39/B40/B41

※全网通Y75Aと移动全网通Y75あり
顔認証Face Wake
指紋認証サポート(背面)
Bluetooth4.0
Wi-Fiサポート
USB2.0
OTGサポート
参照https://www.vivo.com.cn/vivo/param/y75

5.7インチのディスプレイはHD+となっており、IPS、18:9を採用。プロセッサーにはMediatek Helio P23を搭載し、4GB/64GBでmicroSDかードスロットにも対応。

vivo-y75-display

vivo-y75-helio-p23

どうやら全网通Y75Aと移动全网通Y75があるようで、ネットワーク対応が若干異なるとのことなので、購入を考えている方は確認が必要かもしれません。

フロントのセルフィーカメラが16MPと一つの特徴となっており、F2.0、スマートビューティー機能にも対応しています。

_vivo-y75-front-camera

vivo-y75-smart-beauty

ミッドレンジながら「Face Wake」で顔認証・アンロック機能に対応しています。以前から生体認証というのはいくつか方法がありましたが、iPhone Xで採用されたのをきっかけに、しばらくはフェイスアンロック機能は中華スマホで新採用されそうな気がします。

vivo-y75-face-wake-2

vivo-y75-face-wake

中国のvivo YシリーズではY79が一番上位モデルとなっているので、こちらは2400万画素のセルフィーカメラを搭載して2498元からとなっています。…なので今回1598元から発売されるvivo Y75はよりミッドレンジでも買いやすい機種という位置付けかもしれません。

Source : vivo