VKworld S8が発売。18:9フルスクリーンに5500mAhバッテリー搭載

中国系スマートフォンブランドのVKWorldから、18:9のアスペクト比を採用した新モデル「VKworld S8」が登場。注目はそのディスプレイだけでなく、大容量の5500mAhバッテリーを搭載しています。すでに販売が開始されており、LTEなどにも対応して169.99ドルから。

VKworld S8が発売。18:9×5500mAhバッテリー

中華スマホ新モデル「VKworld S8」が発売。価格は169.99ドルからとなっており、Android OS、LTE対応、オクタコアCPU搭載のMediaTek SoC、4GB RAM、64GB ROMなど。

注目はディスプレイで、5.99インチの18:9スクリーンを採用。解像度は2160×1080でFHD+となっており、LGディスプレイやベゼルレスデザインをアピール。

モデル名をみてわかる通りGalaxy S8とリスペクト機種と思われますが、もう一つの注目ポイントがバッテリー。VKWorld S8は超大容量の5500mAhバッテリーを搭載するとしており、その電池持ちも注目ポイントとして挙げられています。

VKVworld S8のスペック

MODELVKworld S8
OSAndroid 7.0
本体サイズ158×75×9.2mm
ディスプレイ5.99インチ IPS
2.5Dガラス Corning Gorilla Glass 4
2160×1080ピクセル
カメラリア16MP+5MP
フロント13MP
SoCMediaTek MT6750T
オクタコアCPU
RAM4GB
ROM64GB
対応周波数2G GSM: 850/900/1800/1900MHz
3G WCDMA: 850/900/2100MHz
4G LTE FDD: 800/900/1800/2100/2600MHz
SIMスロットNano + Nano
(片方がMicroSDカードスロットと排他利用)
バッテリー5500mAh
Bluetooth4.0
参照http://www.vkworld.cc/product/s8?a=specifications

18:9+大容量バッテリーというと、最近約5000mAhバッテリーを搭載した「OUKITEL K5000」も発売されています。特徴としてはスペックを見ると似ているようですが、ディスプレイサイズはVKWorld S8の方が大きく解像度も上なので、価格差が少ないことも考えると、Vkworldの新モデルも面白い存在に。

またHelio P25を採用したVernee MIX 2も同じような価格で販売されているので、18:9このクラスのスマートフォンは選択肢が多くなってきて、迷うところなのかもしれません。

実機動画など

VKworld S8は、TOMTOPやGearBestなどで販売が開始しており、記事作成時点ではどちらも 169.99ドルとなっています。

購入: