Xiaomi Mi In-Ear Earphones Pro HDを購入レビュー。この価格帯では悪くない

Xiaomiのイヤホン新モデル「Xiaomi Mi In-Ear Earphones Pro HD」を購入したのでレビューしてみます。以前のプロからまた少し仕様が変わったモデルなのですが、トリプルドライバー搭載で30ドル以下と半端ないコスパが人気のイヤホンということで、1ヶ月ほど使ってみたところでのレビューをしてみます。


Mi In-Ear Earphones Proレビュー

まずは開封して外観を確認してみます。Xiaomi Mi In-Ear Earphones Proは旧モデルと若干デザインやケーブル素材が異なります。

スライドショーには JavaScript が必要です。

リモートコントローラー付き、プラグはストレートなので、ここはL字にして欲しかったと思う場面も。イヤーピースは全4種類付属しています。

Xiaomiのイヤホン・ヘッドフォンシリーズといえば1MOREコラボとオリジナル、大きく分けて2種類があるのですが、今回のMi In-Ear Earphones Pro HDは1MORE DESIGNが刻印されており、音質面でのチューニングにも大きく関わっています。

音質面のチェック

  • 高い解像度
  • 分離しすぎ?
  • 高音がガンガン出る
  • フィット感はイマイチ

スペック面をチェックすると、デュアルダイナミックドライバー+BA(バランスド・アーマチュア)で「トリプルドライバー」を搭載しているのがMi In-Ear headphones Pro HDの特徴です。

これは音質にもモロに現れていて、解像度が高く、分離もかなりしている印象です。ただ、個人的には分離し過ぎているのかなと感じる部分もあり、長時間音楽をリスニングしていると、曲によっては疲れる場面も。

高音は出ます、以前のモデルよりもかなり出ている印象です。ただチューニングのせいなのか、旧モデルと比較すると曲によっては若干刺さりやすくなっているのが気になりました。

イヤーピースが全4種類付属するのですが、どれも筆者個人の耳には十分にフィットしません。歩きながら使うには問題ないのですが、ランニング用などに使うにはずれ落ちるのでオススメはできませんね。

全体的に見ると、この価格帯ではかなり良い音がなっていると思います。ただ、曲を選ぶとは思いますね。「ガンガン分離して、低音が出ていないわけではないが高音寄り」な気がします。

Xiaomi Mi In-Ear Earphone Pro HDをレビューしてみての感想

この価格帯($25程度)のイヤホンでトリプルドライバー搭載というだけでもちょっとおかしいイヤホンなのですが、やはり価格を考えると解像度は高いと感じますし、イヤーピースもミニポーチもついてきて、コストパフォーマンスは高いですね。国内で3000円以下のイヤホンも見てみると、とても太刀打ちできないようなイヤホンです。

ただし解像感を高めるためなのか、がっつり分離しているので少し疲れるというのが個人的な印象です。フィット感も甘いですし、この辺りは$25程度のイヤホンで超えられない部分もあるような気がします。

筆者は2万円~3万円くらいのイヤホンをよく使うので、この辺りの機種と比較するとさすがに劣るなという感じはします。ただiPhone純正のEarPodsやスマホ付属のイヤホンから買い替えるのであれば、そのコスパを十分に感じることができるのがXiaomi Mi In-Ear Earphones Pro HDなのかなと感じました。

購入:Gearbest – Xiaomi Mi In-Ear Earphones Pro HD