Xiaomi MI MIX 2が正式発表。スペックはSnapdragon 835、多LTEサポート、スペシャル版(セラミックボディ)も

中国シャオミから「Xiaomi Mi MIX 2」が正式発表。さらに狭くなった3辺ベゼルレスデザインは継続され、下ベゼルは12%さらに薄くなった18:9の5.99インチディスプレイを採用。プロセッサーはSnapdragon 835、6GB RAM、SONY IMX386採用のリアカメラは4軸の光学手ぶれ補正に対応しています。グローバルなネットワーク対応で6モードと43バンドをサポートしており、コンセプトモデルとして発売された初代MI MIXをブラッシュアップした新モデルとなっています。

価格も6GB + 64GBモデルが3299元からと価格もそこそこに抑えられています。スペックや特徴を簡単にチェック。

追記:Xiaomi Mi MIX 2の実機レビューを公開しました。


Xiaomi Mi MIX 2のスペック・基本仕様

MODELXiaomi Mi MIX 2
(小米MIX 2)
ディスプレイ5.99インチ
アスペクト比18:9
2160×1080 (FHD+) 403 PPI
コントラスト比1500:1
プロセッサーQualcomm Snapdragon 835
オクタコアCPU 最大2.45GHz
Adreno 540 GPU
RAM(黑色陶瓷版)
6GB LPDDR4x
(全陶瓷尊享版)
8GB LPDDR4x
ROM(黑色陶瓷版)
64GB/128GB/256GB
(全陶瓷尊享版)
128GB

UFS 2.1
本体素ボディ(黑色陶瓷版)
4サイドカーブド・セラミックボディ
(全陶瓷尊享版)
4サイドカーブド・セラミックユニボディ

本体サイズ
重量
(黑色陶瓷版)
高度:151.8 mm
宽度:75.5 mm
厚度:7.7 mm
185 g
(全陶瓷尊享版)
高度:150.5 mm
宽度:74.6 mm
厚度:7.7 mm
187 g
バッテリー3400mAh(typ) / 3300mAh(min)
9V/2A, Quick Charge 3.0サポート
USB Type-Cポート
リアカメラ12MP, F/2.0, 1.25μm
デュアルトーンフラッシュ
PDAF, 4軸光学手ぶれ補正
フロントカメラ5MP
ネットワーク全网通4.0(移动、联通、电信 4G / 3G / 2Gサポート)
VoLTE
nano SIM + nano SIM
2G:GSM 2 / 3 / 5 / 8
2G:CDMA BC0,BC1,BC6,BC10
3G:CDMA EVDO,BC0,BC1,BC6,BC10
3G:WCDMA 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 8 / 9 / 19
3G:TD-SCDMA 34 / 39
4G:TD-LTE 34 / 38 / 39 / 40 / 41
4G:FDD-LTE 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17
18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30
B41支持 2496-2690 全带宽
LTE B41 4天线技术,可支持 4×4 MIMO
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac
WiFi Direct, WiFi Display
2×2 MIMO, MU-MIMO
Bluetooth5.0
位置情報GPS
AGPS
GLONASS
北斗定位
センサー超音波距離センサ
ジャイロスコープ
加速度センサ
電子コンパス
周囲光センサ
振動モーター
気圧計
ホールセンサ
その他3.5mmオーディオジャックなし(アダプター付属)
microSDカードスロットなし
本体カラー黑色陶瓷版 ブラック
全陶瓷尊享版 ブラック ホワイト
参照https://www.mi.com/mix2/specs/

セラミックボディを採用。UnibodyのフルセラミックSpecial Editionも

初代Xiaomi Mi MIXでも採用されたセラミック素材を、後継機のMi MIX 2でも採用。今回は「4-sided curved ceramic body」となっており、Xiaomi Mi6Mi Note 3でも採用されたような、より丸みのあるデザインに仕上がっているようです。

また上記のように、素材はセラミックでユニボディを採用した「全陶瓷尊享版」も登場。こちらはブラックの他にホワイトカラーも用意されており、18Kの装飾もあります。

フルディスプレイ2.0。下のベゼルが狭くなり、アスペクト比は18:9に

3辺ベゼルレスのデザインは初代Mi MIXから継承しつつも、新モデルのXiaomi Mi MIX 2では下のベゼルを約12%カット。より全画面を強調したスクリーンを採用しているのが特徴です。

ディスプレイサイズは5.99インチと大画面になっており、アスペクト比はGalaxy S8などでトレンドになりそうな18:9(2:1)を採用。解像度はFHD+(2160×1080)となっています。

ちなみに初代Mi MIXは6.4インチの大型ディスプレイだったので、ベゼルレスといえどもそこそこ大きいサイズでした。ただ新モデルのMi MIX 2は5.99インチで縦長となっているので、ホールドもし易くなっている可能性が予想されます。

フロントカメラは下ベゼル-右下部分に配置されています。

Snapdragon 835、最大8GB RAMのハイエンドモデル

初代Mi MIXもSnapdragon 821を採用した当時のハイエンドモデルと行った位置づけでしたが、新機種のMi MIX 2は現状Qualcommのモバイル向け最上位SoCとなるSnapdragon 835を採用。

またセラミックのユニボディを採用したSpecial Editionでは最大8GB (LPDDR4X)のメインメモリを採用しており、Androidスマートフォンの中では他社フラグシップとも競合するモデルといって良いのではないでしょうか。

4軸光学手ぶれ補正対応のリアカメラ

Xiaomi Mi6のメインカメラ(デュアルリアカメラの片方)にも採用された、フラグシップレベルのカメラをXiaomi Mi Mix 2にも採用。Sony IMX 386センサー、12MP。

改良されたオーディオ面

オーディオ面でも初代からXiaomi MI MIX 2へと進化をアピール。通話品質の向上などが盛り込まれているようです。

多数のネットワークに対応した国際派。43バンドをサポート

MI MIX 2は43バンドをサポートしており、今回も初代グローバル版と同じく世界中で使えるようなネットワーク対応になっているようです。紹介では日本でもLTEネットワークに接続した紹介もあり、対応バンドを見ても国内ネットワークは十分掴みそうなスペックに(技適注意)。

気になる価格は…

(黑色陶瓷版)

  • 6GB /64GBモデル – 3299RMB
  • 6GB / 128GBモデル – 3599RMB
  • 6GB / 256GBモデル – 3999RMB

(全陶瓷尊享版)

  • 8GB / 128GBモデル – 4699RMB

通常版が3299元からのスタートということで、日本円でいうと5万5000円弱程度から中国では販売予定です。フルディスプレイやSnapdragon 835を考えるとまだ安いなあという印象を受けますが、XiaomiとしてはMi Note 3がSnapdragon 660採用で5.5インチとなったので、より大画面モデルではMi MIX 2を他社フラグシップにぶつけるといったところでしょうか。

追記:Geekbuyingですでに予約が開始しています。