Xiaomi Mi MIX、ベゼルフリーのハイスペックスマホに注目

中国の家電メーカー「Xiaomi(シャオミ)」が発売したAndroidスマートフォン「Xiaomi Mi MIX」。ベゼルフリーの6.4インチ大画面ディスプレイにSnapdragon 821を搭載した高性能端末で、セラミックケースを利用したことで耐久性も高めています。

海外のECサイトで取り扱いが始まっているので、詳細をチェックしておきましょう。


Xiaomi Mi MIX、ベゼルフリーの大画面ファブレット

Xiaomi Mi MIXの注目ポイントは以下の5つ。

  • 6.4インチのベゼルフリーディスプレイ
  • Qualcomm Snapdragon 821の高性能SoC
  • 背面の16MPカメラ
  • セラミック素材のパネル
  • MIUI 8

Xiaomi Mi MIXのスペック

Mi MIXは、Xiaomiが発売したAndroid 6.0 Marshmallowベースのスマートフォン。自社の最新UI「MIUI 8」を標準搭載しており、ディスプレイは6.4インチ(2040*1080)とかなり大きいですが、ディスプレイ専有率が非常に高く本体は小型になっています。

ModelXIaomi Mi MIXXiaomi Mi MIX
(Exclusive Edition / Ultimate)
ブランドXiaomi(シャオミ:小米科技)
本体サイズセラミックボディ
158.8 x 81.9 x 7.9 mm (6.25 x 3.22 x 0.31 in)
セラミックボディ
158.8 x 81.9 x 7.9 mm (6.25 x 3.22 x 0.31 in)
18Kゴールドリング
重量209g
ディスプレイ6.4インチ 2040*1080 pixels IPS LCD
プロセッサーQualcomm Snapdragon 821 MSM8996
クアッドコアCPU 最大2.35GHz
Adreno 530 GPU
RAM4GB LPDDR46GB LPDDR4
ROM128GB UFS2.0256GB UFS2.0
カメラ背面:16MP, F/2.0, PDAF, 4K30fpsビデオ撮影
フロント:5MP
バッテリー~4400mAh
Wi-Fi802.11a / b / g / n / ac
Bluetoothv4.2 HID
NFCSupport
対応バンドFDD-LTE (bands B1, B2, B3, B4, B5, B7, B8)
TD-LTE (band B38, B39, B40, B41)
TD-SCDMA (band B34, B39)
WCDMA (bands B1, B2, B5, B8)
GSM (band B2, B3, B5, B8)
CDMA1X / EVDO? (Band BC0)
SIMサイズnanoSIM ×2
その他USB Type-C
参照http://www.mi.com/mix/specs/

SoCにはQualcommのSnapdragon 821(クアッドコアCPU)を採用。内蔵メモリも4GB or 6GB RAM、内部ストレージは128GB or 256GB ROMの大容量モデルが存在。microSDカードスロットは搭載していませんが、その分本体の保存容量が多くなっているのはポイントでしょう。

xiaomi-mi-mix

背面カメラは16MP 。PDAFやデュアルLEDフラッシュに対応。フロントカメラは5MP。バッテリー容量も~4400mAhと大容量です。

3面ベゼルフリーのコンセプト・スマホ

xiaomi-mi-mix-exclusive-edition-6gb256gb-dual-sim-ceramic-black-18k-gold-001

6.4インチながら、見ての通り「ベゼルフリー」デザインとなっているのがMi MIXの特徴。左右上の3面でベゼルがなく、画面専有率も圧倒的です。6.4インチのディスプレイサイズは大きいですが、本体は158.8×81.9×7.9 mmを小さめに抑えられているのがみて取れます。

iphone-7-plus-vs-mi-mix

ディスプレイサイズはかなり大きいですが、ディスプレイ面の専有率が高いのでiPhone 7 Plusとサイズ感はほとんど同じ。

mi-mix-camera-front

フロントカメラの位置は下のベゼル部分に搭載されています。少し前にあった、SHARPの「Edgest」シリーズに少し似ていますね。

xiaomi-mi-mix-release-18k-gold-1024x640

スペック上位モデル(Exclusive Edition/18K)は、背面カメラと指紋認証センサーの部分が18Kメッキで仕上げられています。

セラミックのユニボディ、耐久性も抜群

mi-mix-ceramic-unibody

Xiaomi Mi MIXはセラミック製のユニボディフレームで覆われており、スクラッチ(引っ掻き)テストでは好評価を残しており耐久性が伺えます。

落下テストでもセラミックパネルはかなりの強度であることがわかります。ディスプレイやサイドから落ちた場合には普通のスマホ並のようなので注意する必要はありますが、内部性能だけでなく耐久性なども備えているのは好印象。

MIUI 8を標準搭載

Xiaomi MI MIXはAndroid 6.0 MarshmallowをベースOSとしていますが、カスタムで自社系の「MIUI」を搭載しています。バージョンは「MIUI 8」発売時点の最新Verで、使い勝手も随分と改善されています。

筆者もMIUI 8は試したことがありますが、UIの使い勝手・操作性は以前のバージョンと比較して抜群に良くなっていると感じます。

 Qualcomm Snapdragon 821のハイエンド機

SoC/プロセッサーには、QualcommのSnapdragon 821 (MSM8996)を採用。高クロック数のクアッドコアCPUにAdreno 530 GPUを搭載したハイエンド向けのモデルです。

  • Qualcomm Snapdragon 821 MSM8996
  • Qualcomm Kryo CPU ×4 最大2.35GHz
  • Qualcomm Adreno 530 GPU

これだけでも十分なスペックですが、RAMは標準モデルで 4GB LPDDR4、Exclusive版は6GB LPDDR4とモンスター級。microSDカードスロットがないのは少し残念ですが、かわりに標準モデルが128GB (UFS2.0)、Exclusive Editionが256GB(UFS 2.0)の内部ストレージを搭載しているのもポイントです。

  • 4GB RAM/128GB ROM
  • 6GB RAM/256GB ROM

Antutu Benchmark Testのスコアは15万点以上を記録しており、発売時のAndroidスマートフォンの中では、最高峰の性能を備えている機種の1つとみて良さそうです。

16MPの背面カメラ

背面に16MPカメラ、PDAFやデュアルトーンフラッシュを搭載しています。カメラ性能では評判の良いSAMSUNG Galaxy S7 edgeとの比較レビューがあるのでチェックしておきましょう。

やはりGalaxy S7 edgeと比較すると表現力に荒さが目立つような結果になっています。沢山の海外レビューをみても、ディスプレイやCPUの特徴と比較するとカメラ機能は平均的といったところ。

Xiaomi Mi MIX、ベゼルフリーファブレット・まとめ

ベゼルフリーで大画面というコンセプトが各所で高評価を受けているXiaomi Mi MAX。Xiaomiといえば安くてコスパの高いRedmiのイメージもありますが、ここ最近はMiシリーズとRedmiシリーズでしっかりカテゴリー分けができているような気もします。MI MIXは海外のECサイトで購入可能なので、気になる方はチェックしておきましょう。