【レビュー】Xiaomi Mi Power Bank 2 10000mAh モバイルバッテリー

手持ちのモバイルバッテリーがほとんど充電できなくなってきたので、今回Xiaomiの「Mi Power Bank 2 10000mAh」モデルを購入してみました。新モデルのMi Power Bank 2は給電・充電の両方で急速充電に対応しており、LEDでバッテリー残量の確認がOKで、かつアルミ合金を採用した本体ボディが特徴です。価格も20ドル程度と10000mAh台の超大容量モバイルバッテリーとしては激安なのでチェックしてみます。

Xiaomi Mi Power Bank 2 10000mAh レビュー

今回購入したのは「Xiaomi Mi Power Bank 2」の10,000mAhモデルです。シャオミのモバイルバッテリーといえばいくつか種類がありますが、Power bank 2は比較的新しいモデルです(最新モデルはQuick Charge 3.0対応の20,000mAhモデルがありますが、少し価格が高いのでスルーしました)

箱裏面。充電回数の目安が表示されているのですが、Xiaomi Mi5で2.4回、iPhone 6で3.7回、iPad miniで1.4回の充電が可能としています。

アルミ合金の金属ボディ

今回購入したのはブラック。少し青がかった黒です。外装はアルミ合金で覆われているので、20ドルで10000mAhという価格以上の高級感があります。デザインはシンプルで、miロゴが小さく刻印されています。

10000mAhだけど小型なモバイルバッテリー

バッテリー容量は最大10,000mAhですが、本体サイズは13.00 x 7.10 x 1.41 cmと電池容量に対して十分小さいサイズです。感覚としてはスマートフォン2個ぶんといったところでしょうか。

USBポートとmicroUSBポートを搭載しており、USBポートがスマートフォンを充電するときに使うポートで、microUSBポートがXiaomi Mi Power Bank 2を充電するときに使うポートです。LEDライトが4箇所点灯するようになっており、充電の残量も把握することができます。

双方向の急速充電に対応

付属品はmicroUSBケーブルのみ。コンセントから充電する場合には別途ACアダプターを利用する必要があります。短めのケーブルなので、モバイルバッテリー用のケーブルとしてはバッグの中で絡まずに便利です。

スペックは以下の通り。両方向で急速充電に対応しているのも特徴です。

MODELXiaomi Mi Power Bank 2
バッテリー容量リチウムポリマー電池
最大10,000mAh
inputMicro USB
5.0V 2.0A, 9V / 12V 18W
outputUSB
5.1V 2.4A, 9V / 12V 15W ( max )
本体サイズ13.00 x 7.10 x 1.41 cm
重量250g
付属品1 x Mobile Power Bank 1 x USB Cable

実際に充電してみた

実際にXiaomi Mi Power Bank 2をフル充電した状態で、スマートフォンをチャージしてみました。充電したのは、今回の写真撮影にも使用したXiaomi Redmi Proです。

Redmi Proのバッテリー容量は最大4050mAhなので結構な量があるのですが、2回は普通にフル充電可能でした。もちろんXiaomi Mi Power Bank 2は10000mAhバッテリー版を購入したのでかなり余裕があります。

普通のスマートフォンなら3,000~3,500mAhでもバッテリー容量は多い方なので、平均して3回くらいはチャージできるのではないでしょうか。

Xiaomi Mi Power Bank 2、大容量のモバイルバッテリーレビューまとめ

10,000mAhの大容量バッテリーで急速充電対応、約20ドルという価格の安さ、小型サイズを考えると、モバイルバッテリーとしてのコスパは良いと言えそうです。購入は以下のサイトから。

Gearbest GPD-Pocket-Laptop promotion