Xiaomi Mi6でゲームをしてみる。Wi-Fi以外はほとんど快適に動作

Xiaomi Mi6のレビュー。前回はスペック内部とベンチマークスコアをチェックしてハイスペックであることを再確認しましたが、今回は「ゲームが快適にプレイできるかどうか」実際にいくつかのアプリで試してみました。結論からいうと、Wi-Fiなど常時接続が必要なゲームでなければほとんど快適に遊べています。(端末提供 gearbest.com)

Xiaomi Mi6のゲーミング性能をアプリで試す

Xiaomi Mi6でゲームアプリをいくつか試し、その快適さをレビューしてみます。スペックでいうとSnapdragon 835・6GB RAMというモンスタースペックになっており、ベンチマークスコアではどれも高得点とある程度快適にプレーできることはなんとなく感じ取れるものですが、実際にプレーしてみて感じたことをメモしてみます。

カーレース系

処理遅れといったところは特に感じられず、ほとんどのアプリで快適にレース可能でした。処理性能の部分ではSnapdrgaon 835ということもあって問題ないのかなという気はしますが、インターネット接続でロードしている部分で他の機種と比較して少し遅いのは気になりますね。今回利用しているXiaomi Mi6はショップROMのせいかWi-Fiコネクションが不安定な時に稀にあるので、こういったところなのかもしれません。

  • Asphalt 8
  • Asphalt Xtreme
  • GT racing 2

音ゲー

デレステなどを試しましたが、3D標準でも特に問題ないですね。先述ですが、通信中の読み込みが遅いのがやはり気になります。

  • デレステ
  • Cytus

シューティングゲーム

シューティングゲームでも動作は快適。正直アプリのクラッシュや通信時の読み込みの遅さが感じなければ、大抵のゲームは快適にプレイできるものと思われます。スピーカー利用時は底部と通話用スピーカーから音が出るので、ゲームによってはステレオ感が楽しめるのもGood。(ただ底部のスピーカーの方が圧倒的に音が大きいので、こちらを塞いでしまわないように持つ工夫は必要)

  • Dead Target
  • N.O.V.A Legacy
  • Modern Combat 5

位置情報ゲーム

ポケモンGOを半日試してみましたが、 位置情報関連の精度がしっかり動いているようで、これ系のゲームはストレスがありません。まだまだ確認中ですがバッテリーもそこそこ持ちますし、充電時間はフル充電まで1時間半以下なので、位置情報系アプリも相性が悪くなければ快適。

  • Pokemon GO

クラッシュしたアプリ

  • 初代こちネコ

初回起動時にアプリクラッシュで開けず。こちネコ2も何回かクラッシュしましたね。他の機種と比較するとアプリクラッシュの回数は多いかもしれないです。

Xiaomi Mi6はゲーミングもあり

Good

スペックがスペックなので、各種ゲームも処理性能という面では快適に動いているように感じます。現状最強性能のSoCとも言えるSnapdragon 835なので、大抵のアプリは快適に使えるのではないでしょうか。

Bad

アプリクラッシュが他の機種に比べて少し多いと感じます。またWi-Fiの接続・速度も少し不安定な時があるので、届いたそのままの端末で高速インターネットの常時接続を必要とするようなゲームアプリには向いていないかもしれないですね。ショップROMなので、この辺りは公式China ROMに変更して改善するか、今後確認してみたい部分ではあります。

…総評すると、性能面から快適に動きますが、アプリクラッシュやネット接続の面で少し不安があるのは確か。接続に関してはローディングを待てば問題ないですが、常時接続系のゲームなんかだと少し辛くなってくるような気が。高速ではあるが少し不安定な場面もあると。全体的にはゲーム用端末としても、Snapdragon 835・6GB RAMを考えればありなのではないでしょうか。

試したいゲームなどあれば、Twitterでメッセージいただければ、試せる範囲でチェックしてみたいと思いますのでどうぞ。

(購入)

実機レビュー1:開封とデザインチェック
2:スペックとベンチマークチェック
3:付属充電器でチャージ時間を計測
4:いくつかゲームをプレイ
5:カメラ撮影性能をチェック