Xiaomi Mi6の「Sliver Edition」はつやっつや。販売は遅れる?

Xiaomi Mi6が正式発表されましたが、通常カラーはブラック、ブルー、ホワイトで、セラミック版はブラック系のカラーが用意されています。しかしながらもう1つ、発表会で少しだけ紹介された「シルバー」なるツヤッツヤ、ピッカピカのモデルも存在するとか。

製造工程が難しいようで、まだまだ試している段階だそうです。発売するかも不明な端末ですが、発表会ですでに紹介されデモ端末も展示されていたようなので確認してみます。

Xiaomi Mi6のシルバーエディション

シルバーエディションはミラーガラスで反射の強いメタリックフィニッシュになるそうな。ちなみにXiaomi公式サイトでもシルバーエディションはまだ商品として紹介されていないので、いつ発売するのか、そもそも発売するのかもまだ不明です。

ブルー×ゴールドカラーのフレーム版などカラーリングでも今までとは少し違った印象のXiaomi Mi6ですが、その中でも目立つのはシルバーエディションでしょう。…今思えば初期のiPhoneもシルバーで光沢の強い背面パネルの機種があったような気がしますが、2017年のMi6は全く別物なのでしょうね。

追記:Xiaomi Mi6の実機レビューを公開。