Xiaomi Mi6が正式発表!Snapdragon 835のハイスペックにデュアルカメラ、生活防滴仕様など

中国時間2017年4月19日、Xiaomiの新モデル「Xiaomi Mi6」が正式発表。新デザインの本体にSnapdragon 835、6GB RAM、ポートレートモード対応のデュアルカメラ、防滴加工などを採用したハイエンドモデルとなっています。また128GB版にはMi MIXでも評価の高かったセラミック素材のプレミアムモデルを用意。

発売は現地時間4月28日10:00~を予定。価格も2499元(日本円にして4万円程度)とコストパフォーマンスにも優れた新機種のスペックや注目ポイントをチェック。


Xiaomi Mi6のスペック

Xiaomi Mi 6の中国版スペックは以下の通りです。プロセッサーはSnapdragon 835、いくつかスペックの異なるモデルが存在。

MODELXiaomi Mi6
OSAndroid N / MIUI
プロセッサーSnapdragon 835
最大2.45GH オクタコアCPU
Adreno 540 GPU
ディスプレイ5.15インチ
1920×1080 FHD 428ppi
600nit
コントラスト比1500:1
94.4% NTSC広色域
RAM6GB LPDDR4x 1866MHzデュアルチャネル
ROM64GB or 128GB UFS
本体サイズ145.17 mm
70.49 mm
7.45 mm
亮黑、亮蓝、亮白版168 g
陶瓷尊享版182 g
バッテリー3350mAh(typ) / 3250mAh(min)
リア( デュアル)カメラ(広角レンズ)
12MP 1.25μm
焦点距離27mm
4軸光学手ブレ補正
F1.8
デュアルLEDフラッシュ

(望遠レンズ)
12MP 1.0 μm
焦点距離27mm
ポートレートレンズ
F2.6

(サポート)
PDAF
暗所撮影
HDR、パノラマ、バースト
顔認識

(動画)
4K 30fps
1080p 30fps
720p 30fps
120fps (720pスローモーション)
フロントカメラ8MP
第三世代リアルタイムビューティーサポート
1080p動画
カウントダウン撮影など
ネットワーク3×CA対応
FDD-LTE (频段 B1,B3,B5,B7,B8)
TD-LTE (频段 B38,B39,B40,B41)
TD-SCDMA (频段 B34,B39)
WCDMA (频段 B1,B2,B5,B8)
GSM (频段 B2,B3,B5,B8)
CDMA1X/EVDO (频段 BC0)
SIMサイズnano + nano SIM
(デュアルSIM)
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac
bluetooth5.0, HID
NFC対応
位置情報GPS、AGPS、GLONASS、BeiDou
センサー加速度、ホール、電子コンパス
気圧計、ジャイロ、光
その他赤外線ポート
指紋認証センサー(无孔式)
USB Type-Cポート(オーディオ出力)
参照http://www.mi.com/mi6/specs/

4辺カーブの新デザイン + セラミック版も

背面は4辺がカーブした新デザインを採用。サイドフレームはステンレススティールを採用し、グロッシーなカラーを引き立てます。鏡面仕上げになっているのも特徴。

4辺をカーブデザインにしたことで、コーナー部分もより丸みを帯びたデザインに。以前のモデルと比較しても、その違いは明らか。

左右対称の比率でボリュームボタンとSIMトレイを配置。

本体カラーはガラスパネルを採用したモデルでブルー、ホワイト、ブラック(64GB or 128GB)のほか、セラミック版(128GB、ブラック)を用意。セラミック版(陶瓷尊享版)はカメラリムに18Kゴールドを採用するなどさらにプレミアムモデルといった位置づけで、若干価格がプラスとなります。

ガラス(通常)版

セラミック版

追記:Mi6にはSilver Editionなるツヤッツヤのモデルも存在するようですが、まだテスト段階だそうです。

Snapdragon 835 + 6GB LPDDR4x RAM

Xiaomi Mi6シリーズは価格を抑えながらもスペックはハイエンド仕様に。プロセッサーはQualcommの「Snapdragon 835(MSM8998)」を採用。10nm FinFETプロセスの最新SoCです。

Kryo 280を採用した8コアCPU(オクタコアCPU、最大2.45GHz)、GPUにはAdreno 540を採用しており、スマートフォン向けのSoCとしては最上位に位置するモデル。6GB LPDDR4xの大容量RAMということもあって、Xiaomi Mi6はスペックのみ見ると、かなり高性能になっています。

AnTuTu Benchmarkスコアは18万点台

AnTuTu Benchmarkのスコアも発表会では公開されていましたが、18万以上の大台を記録するようです。

GPU関連のスコアもぐいっと上にいっているようです。この辺りはSnapdragon 835を搭載していることもあって、期待できそうな部分ですね。

外部メモリ(microSDカードスロット)には非対応ですが、64GB~128GBの内部ストレージモデルが存在するのでそこまで困ることはなさそうです。

ポートレートモード対応のデュアルカメラ

背面カメラは以前のリーク通り全モデルでデュアルカメラを搭載。12MP(広角)+12MP(望遠)の異なるレンズを採用し、ポートレートモードでのボケ効果などにも対応します。

光学2倍ズーム

光学2倍ズームに対応することで、ズームをしてもロスレス撮影が可能に。

スライドショーには JavaScript が必要です。

4軸光学手ぶれ補正(OIS)

12MP外側のメインカメラは4軸のOIS(光学手ぶれ補正)に対応

4K@30fpsの動画撮影

ビデオ撮影では4K or 1080p @ 30fps録画をサポート。

5.15インチFHD、600nit、94.4%NTSCディスプレイ

Xiaomi Mi6のディスプレイサイズは5.15インチ。解像度は1920*1080のフルHDで、600nitsの明るいディスプレイ、1500:1のコントラスト比、94.4% NTSC広色域など。

ブルーライト軽減や、4096輝度調整技術に対応。約0.15nitレベルで明るさの調整ができるようになっているので、利用環境によって最適なディスプレイの明るさを実現。

スライドショーには JavaScript が必要です。

2×2 MIMO Wi-Fi

Wi-Fiは802.11a/b/g/n/acで2.4GHz、5GHzに対応。2×2 MIMOやU-MIMO対応で、高速かつ室内ネットワークも強いことをアピール。

3350mAhバッテリー+10nmプロセスの省電力

Xiaomi Mi6は3350mAhバッテリーを搭載。Snapdragon 835が10ナノメータープロセス製造によって省電力性能が向上しているので、その部分でも電池持ちもアピール。

Xiaomiのテストでは、他社スマホと電池持ちを比較しています。まだSnapdrgaon 835搭載機の電池持ち情報はほとんど出てきていないので、レビュー待ちといったところでしょうか。

NFC対応

NFC対応。新世代のデザインでより高速になっていることをアピール。

指紋認証センサー

フロント部には指紋認証センサーを搭載。Ali Payなどにも対応しているようです。

ガラス下にセンサーが搭載されているとのことで「无孔式」ともあるように、隙間のない指紋認証ボタンになっているそうですが、どのような仕様になっているかは不明。

生活防滴仕様

Xiaomi Mi6は新たに防滴仕様に対応。Splash proofということなのでそこまでの防水性能はないと予想されますが、いくつか注目ポイントがあります。

本体内部は水が入らないように密封。

SIMトレイもキャップが内側に付いており、水が入らないような仕組みに。

3.5mmオーディオジャックは廃止も、アダプタ付属

3.5mmヘッドフォンジャックはiPhone 7シリーズ同様廃止されています。スペック表を見るとUSB Type-Cポートからのオーディオ用アダプタは付属するようです。

Xiaomi Mi6の価格

  • 玻璃 64GB ROM / 2499元
  • 玻璃 128GB ROM / 2899元
  • 陶瓷尊享版 128GB ROM / 2999元

日本円でいうと4万円前後からのスタートとなっており、セラミックモデルでも日本円にして5万円以下と安め。Snapdrgaon 835や6GB RAM、その他仕様を考えてもコストパフォーマンスの高い機種になっていることが予想されます。海外ECサイトでもそのうち販売されることと思うので、気になる方はチェック。

追記:Xiaomi Mi6の実機レビューを公開

(Xiaomi Mi6の販売状況)