【レビュー】Xiaomi Mi Noise Cancelling Earphones(Type-C)を試す

Xiaomiから発売されていたANCのType-C直挿しイヤホン「Xiaomi Mi Noise Cancelling Earphones (Type-C)」を購入したので、実際にスマホにUSB Type-C直挿しで使ってレビューしてみます。一応現地でいうと日本円にして5000円弱程度で購入できるのですが、

  1. 低価格なANCイヤホンが欲しく
  2. 3.5mmイヤホンジャックがないタイプのスマホを使っていて
  3. USB Type-C直結で使いたい人

ならありです。ではいってみましょう。(今回はがっつり手ブレのする環境でXiaomi Mi A1の撮影を試してみたかったので、写真に関しては申し訳ありません)

Xiaomi Noise Cancellation In-Ear Earphones Type-C Version レビュー

今回はシャオミが発売したUSB Type-C直結タイプのANCイヤホン「Mi Noise Cancelling Earphones Type-C」をレビューしていきます。販売サイトによっては色んな名前で販売されていますが、現在Type-C直結のANCイヤホンというとXiaomiではこれしかないので、基本偽物でもない限りは地域差を除いては同じモデルと考えてOKかと思います。

基本的にはXiaomi In-Ear Earphones Proのデザインなどにそっくりです。が、ANC(アクティブノイズキャンセリング)機能がついており、3.5mm端子ではなく、USB Type-Cポートに直つなぎで使えるタイプの有線イヤホンとなっています。

付属品は、

  • イヤホン本体
  • イヤーピース数種類
  • シリコン系の滑り止め数種類
  • 収納ポーチ

などが入ってます。

耳にフィットするという意味では、突起のあるシリコン系の滑り止めが付属します。この辺りは好みでつけたりつけなかったりで良いかと思いますが、ランニングだったりをする際には便利ですね、実際に外れにくくなりますし。ただANCなので周囲には注意。

★上記写真はイヤーピースの他にシリコン系の滑り止め(付属)もつけていますが、これはランニングでもしない限りはいらないような気がします。

ノイズキャンセリング対応のイヤホンと言えば有線でも電池で動いたり充電が必要なモデルなんかもありますが、使えるUSB Type-Cポートを搭載しているモデルかつ、使える機種であれば、特に充電などもANC利用に必要ありません(スマホ側から給電されているのだと思います)。一応今のところXiaomi Mi Max 2Xiaomi Mi A1OnePlus 5(OTGを有効にしてから)なら使えたので、大抵の機種なら使えるんじゃないかなと思います。ただ万が一Type-Cでも使えない可能性はあるので、そこはフォーラムや販売サイトの質問欄などよく確認しておくと良いかもしれません。

★Type-C直結タイプです。

ケーブルはケブラーファイバー素材で保護されており、耐久性もそこそこあるんじゃないでしょうか。リモコンも使えるので、この辺りも必要な方には便利です。また、一応ですがこのイヤホンはHi-Res対応とのこと。

1MOREデザインのMi In-ear Earphones Proと形状の面で少し違うと感じた部分は、イヤーピースの部分でしょうか。少し縦に長い円の形状となっており、Xiaomi公式サイトの商品の説明では数百の耳の3Dスキャンして人間工学的に設計されたそうなので、以前まで発売されていた1MOREデザインの人気イヤホンとも少し違う印象を受けました。個人的にはMi In-Ear Earphones Proよりも長時間リスニングに使えるかなという印象。あくまで個人的な感想ですが。

★ステム部分も縦長だったりします。

★イヤーピースもちょっとだけ縦長

★一応ポーチも付きます

…全体的にはXiaomiから発売されているIn-Ear Proの形状だとかは似ているのですが、少しずつ違う部分もあったりします。一応ドライバーはハイブリッドらしいです。おそらく四角いのがBAで、真ん中らへんのがダイナミックですかね。

つけ心地や音質も形の似ているIn-ear Pro HDとは異なっていたので、色んなところでANC用になっているんだと思います。In-ear Pro HDに関してはハイブリッドらしい分離の激しさがありましたが、こちらのANC Type-Cイヤホンはんーハイブリッドですかそうですかという感じで、ANCということもあってか落ち着いた音という印象。

Xiaomi ノイズキャンセリングイヤホンの良いところ・気になるところ

ちょうど飛行機に乗る機会やタクシーを使う機会が多かったのでそういった場面でもよく使いましたが、5000円弱でType-C直結なら充電いらずという利便性も踏まえると、この価格でよくANCはきいていると思います。ANCの効き具合だけでいうとさすがにヘッドフォンではQC35、MDR1000Xには勝てませんし、QC30との差も大きく開いているように感じます。そういった意味でいうと、予算があってANCががっつり必要な方ということであればこういった別のもっと高い金額の選択肢になってくるのかなと。

あと風の音はガンガン拾いますね。ランニングマシンで運動する場合には問題なさそうですが、外で走る時に使うとなると環境によってはボーボー聞こえると思います。

…Xiaomi Mi ANC & Type-C In-Ear Earphonesの良いところとして

  • ANCでありながら、有線Type-Cで使える機種なら充電が必要ない
  • ヘッドフォン派じゃない人にはGood
  • 低価格でそこそこANCが聴いている

の3つは感じていて、まずANCイヤホンですが、「Type-C直結で使える機種ならスマホから直接給電できるので、充電が必要ない」というのは大きなメリットです。以前レビューしたHUAWEIのANCイヤホンも機種によっては3.5mmオーディオジャックから直給電できた機種なんかもありますが、あれはANCの効き具合はこちらと比較すると甘く感じますし、おそらくXiaomiのANCイヤホンの方がおすすめ。

また長距離のフライトでノイズキャンセリングが必要な方は、時としてヘッドフォンがダメ、ということがあるので、こういった「寝たい時にはイヤホン派」な方にはなかなか良い選択肢だと思います。個人的に5時間以上の飛行機は寝たいので、こういう時はヘッドフォンよりイヤホンの方が快適。当然QC30といった選択肢もありますが。

ANCの効き具合でいうと、そんなに低価格~中価格のANCイヤホンというのも買ったことがないのでなんとも言えませんが、SONYの低価格+ANCよりは良い感じです。ANC性能に限らず低価格+ANCは音質もダメでどっちつかずな印象もあるのですが、XiaomiのType-C ANCイヤホンに限って言えば「安くてANCなのに、ANCの効き具合も音質も思ったより良いね」という感覚です。

あとは予算に対してどれくらいANCが効いてほしいかどうか、有線派か無線派かによって決めると良いと思います。個人的な印象では、

  • コスパとお値段よりちょい上のANC性能を求めるならXiaomi Type-C ANCイヤホン
  • ワイヤレスで予算もあり、ANCの性能重視ならBOSEかSONYの上位ANCモデル

といった感じです。価格を気にしないならANCだけで見るとBOSEやSONYにいくのが正解だとは思いますが、最近の筆者のようにイヤホンヘッドフォンは有線派だったり、有線派かつ3.5mmオーディオジャックのない Type-CポートのAndroidスマホを使っている人だったり、ピンポイントで当てはまる方はいるのではないかと感じました。

イヤホン側の充電など気にせず気軽にANCを利用したいという方には、Type-C限定ではありますが向いていると思いますね。コスパと手軽さを含めると面白いイヤホンです。購入は以下のページから。

購入:Xiaomi Noise Cancellation In-ear Earphones Type-C Version – Black