Xiaomi Redmi Proレビューその3。スペック・ベンチマーク・ゲーミング性能

Xiaomi Redmi Proの実機レビュー第一弾のデザインチェック、第二弾の設定やMIUI 8の確認に続き、今回はスペック面やベンチマークスコア、実際のゲーミング性能などをチェックしていきます。

Xiaomi Redmi Proレビュー・スペック

まずはRedmi Proのスペックをチェックしていきます。スペックの異なるモデルにいくつか分かれていまして、プロセッサーがhelio X20もしくはhelio X25(どちらも10コアCPU)、RAMやROMもモデルによって異なります。今回GearBestから購入したのは、RAM3GB、ROM32GBの最小構成モデルです。

MODELXiaomi Redmi Pro (标准版)Xiaomi Redmi Pro (高配版)Xiaomi Redmi Pro (尊享版)
ブランドXiaomi(シャオミ:小米科技)
OSAndroid 6.0 Marshmallow / MIUI 8
ディスプレイ5.5インチ OLED 1920*1080 FHD 401ppi
SoCMediaTek helio X20
10コアCPU 最大2.1GHz
Mali T880 MP4 700MHz GPU
MediaTek helio X25
10コアCPU 最大2.5GHz
Mali T880 MP4 850MHz GPU
MediaTek helio X25
10コアCPU 最大2.5GHz
Mali T880 MP4 850MHz GPU
RAM3GB RAM3GB RAM4GB RAM
ROM32GB ROM64GB ROM128GB ROM
外部メモリmicroSDカードスロット対応 最大128GB
(NanoSIMスロットと排他利用)
背面カメラ(デュアルカメラ)
13MPメインカメラ、5MP深度カメラ
5レンズ, F/2.0, PDAF
1080p / 720p 30fpsビデオ撮影
フロントカメラ5MP, F/2.0
バッテリー~4050mAh
Wi-Fi802.11 B / G / N
BluetoothVer 4.1 Bluetooth HID
対応バンドGSM B2/B3/B8
WCDMA B1/B2/B5/B8
TD-SCDMA B34/B39
CDMA2000/1X BC0
FDD-LTE B1/B3/ B5/B7/ B8
TD-LTE B38/B39/B40/B41(2555-2655MHz)
SIMサイズデュアル(Nano + Micro)
LTE + 3G同時待受対応
本体サイズ151.5*76.2*8.15mm
重量174g
位置情報GPS / AGPS / GLONASS / Beidou
センサー赤外線 / ジャイロスコープ / 加速度センサ / 近接センサー / 周囲光センサー / ホールセンサ
その他USB Type-C
参照http://www.mi.com/redmipro/specs/

カメラは背面がデュアル仕様になっているのがポイントですが、カメラ性能については別記事で紹介しています。今回のレビューはスペックや性能に特化して確認していきます。

OLEDのフルHDディスプレイ

Xiaomi Redmi Pro grey

まずは5.5インチのディスプレイをチェック。解像度は1920×1080ドットのフルHDになっており、200ドル台で購入できるスマートフォンとしては十分綺麗です。

xiaomi MI max vs redmi pro display

(左がMi Max、右がRedmi Pro)

LCDディスプレイを搭載したMi MAXとOLEDを採用したRedmi Proのディスプレイも比較してみます(サイズの同じもので比較するべきなのですが、Xiaomi Redmi Note 4を持っていません、すみません)。

画像や動画だと少しわかりにくいのですが、OLEDパネルを採用したRedmi Proの方がカラーのコントラストがかなりくっきり表示されています。黒系の描写も他のLCD+フルHDの5インチ台スマホと比較しても綺麗ですね。

個人的にSAMSUNGのAMOLEDディスプレイから有機ELの方が好きなのですが、Redmi ProのOLEDパネルも好印象ですね。

MediaTek helio X20 / X25の性能

MediaTekのDeca core(10コア)CPU搭載のプロセッサーhelio X20 / X25ですが、公式サイトを参照したスペックは以下のようになっています。

MODELHelio X20Helio X25
型番MT6797MT6797T
リリースQ4 2015Q4 2015
プロセス20nm20nm
CPUDeca Core(10コア) 64bit
2x ARM-A72 @ 2.1GHz
4x ARM-A53 @ 1.85GHz
4x ARM-A53 @ 1.4GHz
Deca Core(10コア) 64bit
2x ARM-A72 @ 2.5GHz
4x ARM-A53 @ 2.0GHz
4x ARM-A53 @ 1.55GHz
メモリ
ストレージ
Memory Type:
LPDDR3 (Dual Channel)
Memory Frequency:
800MHz
Max Memory Size:
4GB
Storage Type:
eMMC 5.1
Memory Type:
LPDDR3 (Dual Channel)
Memory Frequency:
800MHz
Max Memory Size:
4GB
Storage Type:
eMMC 5.1
コネクティビティConnectivity:
Bluetooth, Wi-Fi, FM Radio, GNSS
Mobile Data:
CDMA2000, EDGE, FDD / TDD LTE, HSPA +, TD-SCDMA, WDCDMA
LTE Category:
CAT-6
Specific Functions:
Single RF for LTE, WCDMA, TD, EDGE, C2K 14/14 Primary/Diversity RX Ports
Wi-Fi:
a/b/g/n/ac
Connectivity:
Bluetooth, Wi-Fi, FM Radio, GNSS
Mobile Data:
CDMA2000, EDGE, FDD / TDD LTE, HSPA +, TD-SCDMA, WDCDMA
LTE Category:
CAT-6
Specific Functions:
Single RF for LTE, WCDMA, TD, EDGE, C2K 14/14 Primary/Diversity RX Ports
Wi-Fi:
a/b/g/n/ac
カメラCamera ISP:
32MP
Recording Resolution:
3840 x 2160
Recording FPS:
24/30
Camera Features:
Dual ISP with Improved 3A, denoise, de-monsaic, sharpness, Native 3D
Camera ISP:
32MP
Recording Resolution:
3840 x 2160
Recording FPS:
24/30
Camera Features:
Dual ISP with Improved 3A, denoise, de-monsaic, sharpness, Native 3D
グラフィックスGPU Type:
ARM Mali-T880 MP4
GPU Frequency:
780MHz
Display Resolution:
2560 x 1600
Video Encoding:
h.264, h.265
Video Encoding FPS:
30fps @ 4K2K with H.265 and HDR
Video Decoding:
h.264, h.265 / HEVC, MPEG-1/2/4, VC-1, VP-8, VP-9
Video Decoding FPS:
30fps @ 4K2K, 10-bit with H.264, H.265 or VP9
GPU Type:
ARM Mali-T880 MP4
GPU Frequency:
850MHz
Display Resolution:
2560 x 1600
Video Encoding:
h.264, h.265
Video Encoding FPS:
30fps @ 4K2K with H.265 and HDR
Video Decoding:
h.264, h.265 / HEVC, MPEG-1/2/4, VC-1, VP-8, VP-9
Video Decoding FPS:
30fps @ 4K2K, 10-bit with H.264, H.265 or VP9
その他CorePilot, Imagiq, MiraVision, SmartScreen, Tiny Sensor Hub, UltraDimmingCorePilot, Imagiq, MiraVision, SmartScreen, Tiny Sensor Hub, UltraDimming
参照http://www.mediatek.com/

どちらもA72×2 + A53×4 + A53×4というトリクラスター構造になっており、負荷に合わせて異なるCPUが駆動するという仕組みだそうです。これで省電力を実現。

実際にCPU-Zのアプリを利用してみてみると、確かに処理によってCPUコアを使い分けているのかな、という挙動を見せています。

mediatek-helio-x20-how-it-works

(CPU-Zで表示されているのは、CPU0~3が低負荷用、CPU4~7が中負荷用、CPU8~9がA72で高負荷用になっているようです。)

今回購入したモデルはhelio X20を搭載したモデルなのでX25と比較するとクロックスピードに劣りますが、それでも他社プロセッサーの一歩手前といったスペックでかなり高速です。

Wi-Fi性能

RBB SPEED TEST、Fast Speed Test、Ookla Speedtest.netでWi-Fi速度を確認してみました。どれも送受信50Mbps前後で他のWi-Fi対応機器同様にしっかり速度も出ています。今の所特に問題はありません。

DSDSとモバイルデータ通信

日本国内での格安SIM利用に関しては技適があるので注意していただきたいのですが(はっきり言えませんが)、結果的にLTE+3Gでの同時待受は可能でした。対応バンド的にドコモ系格安SIMのデュアル待受(DSDS)、またau系のCDMA2000にも対応しています。

Redmi Proのベンチマークスコア

次はベンチマークスコアも計測していきます。200ドル弱で購入できるスマホとしてはMediatek helio X20ということでかなり良いスコアが出ていました。

AnTuTu Benchmark

AnTuTu Benchmarkテストでのスコア。今回はVer 6.2.6で測定しましたが、合計8万8000点にいかないくらいと、ベンチマークスコアはさすが10コアCPUのhelio X20といったところでしょうか。HUAWEIのKirin上位シリーズ、Qualcomm Snapdrargon 820 / 821搭載のスマートフォンにはさすがに敵わないものの、搭載機の価格帯を考えると「格安スマホ(中華スマホ)界のハイエンドSoC」といった感じです。

Geekbench 4

CPUはシングルコアが1563、マルチスコアが4386です。かなりハイスコアですね。

GPUのスコアは2667。こちらもかなりのハイスコアです。 MediaTek Helio X20シリーズは、ベンチマークスコアだけでみると良い結果が多いですね。他の搭載機種を見てもこの辺りに落ち着いているのを見かけます。

3DMark

redmi-pro-on-3dmark

3DMarkでもベンチマークスコアをチェックしていきます。SLING SHOT EXTREME、ICE STOME EXTREMEなどいくつか確認してみましたが、結果だけみるとそこそこ重い3Dゲームも十分動きそうなスコアになっているのがわかります。

PCMark for Android (Work 2.0 performance)

redmi-pro-pcmark-for-android

PCMark for Androidでも計測してみました。やはりMediaTek helio X20シリーズのベンチマークスコアを見ると、2016年後半に発売されたSnapdragon 820 / 821搭載のハイエンドモデルとSnapdragon 650シリーズの間あたりにスコアが落ち着くかと思います。

性能的には、中の上でもさらに上寄りのベンチマーク性能です。

Redmi Proのゲーミング性能

ここまではXiaomi Redmi ProのAnTuTuやGeekBench 4のベンチマークテストを確認してきましたが、実際にどの程度快適にゲームができるかどうかもレビューしてみます。センサーや3Dゲームといったところをチェック。今回は写真のみですが、今後動画もアップするかもしれません。

デレステ

redmi-pro-gaming

3D標準でも個人的には問題ありません。持ち方によってはスピーカーを塞いでしまうので、イヤホンは必須かもしれません。

Gangstar Vegas

GameloftのGangstar Vegasをプレイ。快適ですね。どのモードでも問題なく使えます。車に乗っている時のセンサー操作もしっかり動いています。

The Trail

Xiaomi Mi MAXをレビューしている時に若干ラグが感じられた「The Trail」。とにかく歩くゲームなのですが、なかなか面白く、そして意外に重いゲームです。ものを集めるのにスワイプしたり動く速度の割には忙しいゲームなのですが、画質MAXの設定でも十分プレイできますね。Snapdragon 650搭載機だと若干もたつく場面があったので、この辺りはhelio x20のパワーが光る部分かなという感じはします。

アスファルト8:Airborne

またまたGameloftの「アスファルト8」。超快適ですね。長時間プレイすると発熱は感じられるものの、パフォーマンス面で不満な面は全くありませんでした。発熱に関しては公式ROMだと少なくなるといった書き込みもフォーラム上で発見したので、真偽はわかりませんが試してみたいところではあります。

Xiaomi Redmi Proのベンチマークスコアとゲーミングまとめ

MediaTek helio X20搭載端末は今回初めて利用するのですが、思っていたよりサクサク動作しており好印象でした。Snapdragon 650などミドルレンジ+αなプロセッサーよりも少し上の実力といったところで、大抵のゲームは快適にプレイできそうです。

次回は注目していたデュアルカメラの性能をチェックしていきます。

(購入:GearBest)

(実機レビュー)