Xiaomi Redmi Pro、デュアルカメラ・Helio X20/X25搭載のプレミアムスマホ

Xiaomiから発売された「Xiaomi Redmi Pro」。低価格シリーズのRedmi(紅米)内ではデュアルカメラやMediaTek Helio X20/X25を搭載するなどプレミアムなモデルになっており、かつ本体価格は紅米同様にコストパフォーマンスを重視した特徴ある機種になっています。

Xiaomi Redmi Pro、紅米シリーズのプレミアムスマホ

Redmi Pro(紅米Pro)は、Redmiシリーズでもハイスペックなスマートフォン。言うなれば「Redmiシリーズ内のフラグシップモデル」なのですが、まずはスペックをチェックしていきます。

Redmi Proのスペック

基本性能表は以下の通り。「标准版→高配版→尊享版」の順にハイスペックとなっており、下位モデルでもHelio X20、上位モデルはHelio X25を搭載しています。

MODELXiaomi Redmi Pro (标准版)Xiaomi Redmi Pro (高配版)Xiaomi Redmi Pro (尊享版)
ブランドXiaomi(シャオミ:小米科技)
OSAndroid 6.0 Marshmallow / MIUI 8
ディスプレイ5.5インチ OLED 1920*1080 FHD 401ppi
SoCMediaTek helio X20
10コアCPU 最大2.1GHz
Mali T880 MP4 700MHz GPU
MediaTek helio X25
10コアCPU 最大2.5GHz
Mali T880 MP4 850MHz GPU
MediaTek helio X25
10コアCPU 最大2.5GHz
Mali T880 MP4 850MHz GPU
RAM3GB RAM3GB RAM4GB RAM
ROM32GB ROM64GB ROM128GB ROM
外部メモリmicroSDカードスロット対応 最大128GB
(NanoSIMスロットと排他利用)
背面カメラ(デュアルカメラ)
13MPメインカメラ、5MP深度カメラ
5レンズ, F/2.0, PDAF
1080p / 720p 30fpsビデオ撮影
フロントカメラ5MP, F/2.0
バッテリー~4050mAh
Wi-Fi802.11 B / G / N
BluetoothVer 4.1 Bluetooth HID
対応バンドGSM B2/B3/B8
WCDMA B1/B2/B5/B8
TD-SCDMA B34/B39
CDMA2000/1X BC0
FDD-LTE B1/B3/ B5/B7/ B8
TD-LTE B38/B39/B40/B41(2555-2655MHz)
SIMサイズデュアル(Nano + Micro)
LTE + 3G同時待受対応
本体サイズ151.5*76.2*8.15mm
重量174g
位置情報GPS / AGPS / GLONASS / Beidou
センサー赤外線 / ジャイロスコープ / 加速度センサ / 近接センサー / 周囲光センサー / ホールセンサ
その他USB Type-C
参照http://www.mi.com/redmipro/specs/

(販売店によってスペックの異なるモデルとなる可能性もあります)

OSはAndroid 6.0 MarshmallowベースのMIUI 8。

5.5インチ OLEDディスプレイ

xiaomi-redmi-pro-oled-display-1

ディスプレイは5.5インチの大画面となっており、解像度は1920*1080のFHD。注目はOLEDパネルを採用している点で、典型的なLCDディスプレイと比較して発色が綺麗なのが特徴です。

背面デュアルカメラ

xiaomi-redmi-pro-dual-camera-1

背面にはデュアルカメラを搭載しており、片方が13MP Sony IMX258センサー採用のメインカメラ、もう片方が5MPの深度情報をキャプチャするサブカメラとなっています。

デュアルカメラを利用して背景ぼかしを調整して写真を撮影することが可能です。動画は1080p対応で、4K動画撮影には対応していません。

MediaTek Helio X20 / X25 10コアCPUプロセッサー

mediatek-1

プロセッサーにはMediaTekの「Helio X20」、また上位モデルは「helio X25」を搭載しています。両者10コア(Deca Core)CPUを採用したモデルで、ミドルレンジというよりは、ハイスペック寄りのSoC。

  • Helio X20 / 10コアCPU 最大2.1GHz / Mali T880 GPU
  • Helio X25 / 10コアCPU 最大2.5GHz / Mali T880 GPU 

日本ブランドのスマホでMediaTek Helioシリーズを搭載している機種はほとんど見かけませんが、数々情報が出ているBenchmarkスコアも上々です。

例えばAntutu Benchmark Testでは80.000~90,000点あたりを記録しているようで、Snapdragon 820/821には及ばないものの、低価格のスマートフォンに採用されるSoCとしては十分過ぎる性能を備えていると言えます。

DSDS(LTE+3G)同時待受に対応

redmi-pro-sim-slots

Redmi ProはLTEと3Gの同時待受(DSDS)に対応しています。対応バンドは上記スペック表と購入ストアを参照。

Xiaomi Redmi Pro、紅米シリーズのプレミアムモデルまとめ

Redmiシリーズではスペック、また背面のデュアルカメラやOLEDディスプレイを搭載するなどプレミアムなモデルとなっているのがRedmi Proです。

ただしすでに発売している「Redmi Note 4」シリーズが同じくHelio Xプロセッサーを搭載しており若干価格も安く、デュアルカメラもレビューによってはそこまでの違いはないと評価しているものもあります。

予算があれば「Xiaomi Mi Note 2」や「Xiaomi Mi MIX」を購入すれば良いのですが、予算との兼ね合いでRedmi Note 4も選択肢に入れて比較しておくことをお勧めします。

(購入サイト)