Xiaomi Selfie Stick(兼スマホ用三脚)レビュー

Xiaomiからスマートフォン用のセルフィースティック・兼三脚「Xiaomi Selfie Stick」が販売されているのですが、購入してみたのでレビューしていきます。価格が安い上にBluetoothボタンでの撮影が可能、タイムラプスやスローモーションにも便利でなかなか良いなと思うところですが、気になる点もいくつかあったので参考になればと思います。


Xiaomi Selfie Stick 実機レビュー

まずは箱から。シンプルな縦長のBoxに入っています。


こういったシャオミ製品はほとんど説明書も入っていないので、裏面に操作方法などがプリントされています。うまくコストを削っているのでしょうか。


箱の中身。ペラッペラな説明書をのぞいては、Seflie Stick本体と付属のBluetooth撮影ボタンのみしか入っていません。


Bluetooth接続で使える撮影スイッチ。非常にシンプルです。


ボタンの充電はmicroUSBなのですが、ケーブルなどは付属していないので、必要であれば用意が必要です。


ボタンをはめる場所には溝が付いているので、正しい方向にはめてしまえばそうそう外れることは無いかと思います。


三脚部分。下は結構滑るので、全開で利用するタイプです。広げ過ぎてもバキッといかないように、中央には柱が付いています。


セルフィー用エクステンションは3段階(全4段階)。最長部分まで伸ばしてみると結構長いので、広角撮影が微妙なスマートフォンでも、グループセルフィーは可能。


ちなみにXiaomi Selfie Stickはセルカ棒兼三脚固定と多機能でありながら、安くてコンパクトに折り畳めるのは大きなメリット。バックパックなんかにもするっと入るのは良いですね。


試しにhonor 8を装着してみました。縦横OKです。


ハンド部分は前後左右で角度調整が可能です。


気になる点が一つだけ。トップの部分がカメラ接続用に外せれば最高だったような気がします。Xiaomi Selfie Stickは手ぶれ補正効果などはないので、たとえばトップ部分にGimbalを付けてカスタマイズしたりだとか、拡張性がもう少しあれば嬉しいような。まあ価格が価格なので、高望みはできません。


(↑この部分を外せてカスタマイズできればもっと良いですが、安いのでそこまでの機能は求めていません)

以上、シャオミの三脚兼セルフィースティックの外観レビューでした。スマホの撮影モードによっては夜間撮影モード用やライトペインティング、スローモーションやタイムラプスなど、スマホ固定に使用しようかなと考えているところなので、次回は実際にXiaomi Selfie Stickを利用しての写真・動画撮影もレビューしてみたいと思います。

購入:GearBest.com