「ZTE Blade V9」発表。18:9、スナドラ450、デュアルカメラ搭載

zte-bladev9

バルセロナで開催中のMWC 2018で「ZTE Blade V9」が正式発表。ガラスパネルやデュアルカメラを搭載したミッドレンジモデルで、プロセッサーにはQualcommのSnapdragon 450を採用しています。

発売日は2018年3月、価格は264ユーロから。日本国内市場への投入は発表時では不明。

ZTE Blade V9 スペック・基本仕様

zte-bladev9

MODELZTE Blade V9
本体サイズ151.4*70.6*7.5mm
OSAndroid 8.1 Oreo
ディスプレイ5.7インチ Incell
2160×1080ドット FHD+, 18:9
SoCQualcomm Snapdragon 450
8コアCPU
メモリ3GB+32GB
4GB+64GB
カメラリア16MP + 5MP
フロント8MP
バッテリー3200mAh
対応バンドFDD: B1/B3/B5/B7/B8/B20(B28A)/B28B
TDD: B38(B40)(B41)
UMTS: 850/900/2100
GSM: 850/900/1800/1900
CA:B3+B7,B3+B20(B28),B7+B20(B28)
FDD: B2/B3/B4/B7/B12/B28/B66
UMTS: 850/1900
GSM: 850/900/1800/1900
CA:B4+B7,B7+B7
FDD: B2/B4/B5/B7/B28/B40
UMTS: 850/900/AWS/1900
GSM: 850/900/1800/1900

VoLTEサポート
Bluetooth4.2
GPSGPS/A-GPS/Glonass
Wi-FiWiFi 802.11b/g/n
USBMicroUSB
その他3.5mm イヤホンジャック
MicroSDカードスロット
近接センサー
ジャイロスコープ
指紋認証センサー
参照http://www.ztedevice.com/product/smart-phone/blade-v9

※スペックは発売地域によって異なる可能性があります。

5.7インチ 18:9 FHD+ディスプレイ

zte-blade-v9-18by9

ZTE Blade V9は5.7インチのフルHD+(2160×1080ドット)ディスプレイを搭載。18:9のアスペクト比を採用。画面占有率は約83.6%。

オーロラガラス

zte-blade-v9-aurora-glass

背面にはマルチレイヤーで構成された「Auroa Glass」のデザインを採用しており、サイドフレームはアルミ素材を採用。

Snapdragon 450

プロセッサーはクアルコム「Snapdragon 450」を搭載。

ARM Cortex-A53コアを採用した合計8コアCPUとなっており、最大クロックスピードは1.8GHz。GPUはAdreno 506。

メモリは3GB RAM / 32GB ROMモデルと4GB RAM / 64GB ROMモデルが用意される予定で、microSDカードスロットも搭載。

デュアルリアカメラ

16MP(AF)+5MP(FF)のデュアルリアカメラを搭載。リアルタイムでのぼかし撮影が可能だそう。フロントのセルフィーカメラは8MP(FF)。

zte-blade-v9-dual-camera

F値1.8やPDAF対応、1.12μmピクセルサイズで暗所での撮影にも強さをアピール。

zte-blade-v9-night-photo

スローモーションやARメーカーなど、様々な機能にも対応しているようです。

zte-blade-v9-ar

顔認証

01秒の高速顔認証にも対応。

zte-blade-v9-faceid

ZTE Blade V9の発売日・価格

発売日:2018年3月予定

  • 3GB+32GBモデル : 264ユーロ
  • 4GB+64GBモデル : 299ユーロ

海外では2018年3月より発売予定で、3GB RAMモデルの価格が264ユーロ(3万4700円程度)から。日本市場への投入は発表時点で言及されていないようです。

購入:ZTE Blade V9 – geekbuying

またZTE Blade V9の廉価版として「ZTE Blade V9 VITA」も発表されています。