「ZTE Nubia N1 lite」5.5インチ, MediaTek MT6737搭載でMWC2017で展示

ZTEファミリー、Nubiaブランドから、「Nubia N1 Lite」が登場。MWC2017でデモ用実機が展示されており、5.5インチのHDディスプレイ、MediaTek MT6737(クアッドコアCPU)、2GB RAM、16GB ROMとスペックはNubiaブランドとしてはかなり抑えめです。

指紋認証スキャナーや背面カメラを縁取るカラーリングなどブランド独特のデザインは継承しつつ、よりスペックを抑えた機種ということで、ラインナップの中でも価格は安くなることが予測されます。

ZTE Nubia N1 Liteのスペック

  • 5.5インチ HD(720*1280) 267ppi, LCD
  • Android 6.0
  • 指紋認証センサー
  • 8MPリアカメラ
  • 5MPフロントカメラ
  • MediaTek MT6737 クアッドコア1.3GHz
  • 2GB RAM
  • 16GB ROM
  • 外部メモリ:microSDXC対応
  • 3000mAhバッテリー
  • Bluetooth 4.1
  • WiFi / 802.11 b/g/n
  • 発売予定 3月2017年

スペックを見ての通り、Snapdragon中上位モデルのプロセッサーを搭載したモデルも多いNubiaブランドにあって、N1 Liteのスペックはかなり抑えめ。

プラスチックパネルを採用しており、スペック的にもエントリーモデルであることは明らか。ただ指紋のつきにくい素材が採用されているようです。

普及価格帯のモデル、もしくはブランド内の格安ライン(ZTEで言うところのBlade Liteシリーズ)と言ったところでしょうか。

3月発売、ヨーロッパやアジアへの展開を予定しています。Nubiaブランド自体は日本へは進出していないので、国内正規販売の可能性は限りなく薄いでしょう。