ZTE Small Fresh 5、エントリースペックのデュアルカメラ搭載モデルが発表

ZTE(中兴)がSmall Fresh(小鲜)シリーズの新モデル「ZTE Small Fresh 5」を発表。Snapdragon 425、5インチIPSのHDディスプレイを採用し、スペックとしてはエントリーモデルとなっています。現地価格は999元(約150 USドル以下)と安いのですが、デュアルリアカメラを搭載を搭載するなど注目ポイントもいくつか。

ZTE Small Fresh 5、デュアルカメラ搭載の低価格モデル

ZTEが中国市場に「Small Fresh 5 (小鲜5)」。すでに販売されているFresh 4の後継モデルモデルとなっています。スペックは以下の通り。

  • 5インチ IPS 1280×720 (HD) ディスプレイ
  • Android 7.1 Nougat / Mi Favor UI
  • Qualcomm Snapdragon 425 クアッドコアCPU
  • 3GB or 4GB RAM
  • 16GB or 32GB ROM
  • 外部メモリ:microSDカードスロット対応
  • 13MP + 2MP デュアルリアカメラ
  • 5MPフロントセルフィーカメラ
  • 2500mAhバッテリー
  • カラー:ダークナイトグレー, エレガントゴールド, グレイシャーブルー, グリーン

5インチHDディスプレイ、Snapdragon 425を採用とのことで、全体的なスペックはエントリーモデルと言えそうですが、メインメモリが3GBスタートというのは注目かもしれません。

また背面には13MP + 2MPのデュアルカメラを搭載しており、999元スタートながら深度情報を記録してボケイフェクトを楽しめるのが大きな特徴でしょうか。(weiboのZTE公式アカウントでは撮影サンプルも投稿しています)

現地価格は3GB/16GBモデルが999元、4GB/32GBモデルが1399元と、日本円にして1万6000円弱からの低価格スタート。発売は7月5日を予定しています。小鲜シリーズは日本市場へは今まで投入されていなかったので、国内に来るかどうかはあまり期待しないほうが良いかもしれません。

Source : Weibo