シェア

18:9ディスプレイについて思うところ – OnePlus 5TとXiaomi Mi MIX 2等

mi-mix-2-review-top

OnePlus 5TやXiaomi Mi MIX 2など、18:9というか2:1の縦長(横長ともいう)スクリーンを搭載した中華スマホを触っているのですが、最近Youtubeなんかも全画面表示に対応しているっぽいので実用性も伴ってきたんじゃないかと思うこの頃。

従来と異なったアスペクト比を採用しているスマートフォンのどれが良いかという話は置いておいて、Youtube含めコンテンツの対応が充実してきたので、良いところ、悪いところ含めてメモしておきたいと思います。

最近の18:9スマホのメリット

  • カッコいい
  • Youtubeが全画面表示(アスペクト比が合わない場合は拡大で)対応したみたい
  • 縦長で、Twitterの情報量が多かったりする(ハズ)
  • 特にハイエンドはベゼルを狭くしたスマートフォンが多いので、従来の5.5インチスマホとサイズ感は変わらず片手でもそこそこ使いやすい

まずは、18:9のスマホは今までのスマホの見た目よりも外観の新しさがあり、カッコいいです。しかしこちらはMi MIX 2限定かなという気がしており、OnePlus 5Tなどはデザインがあまり変わってないので、前モデルのOP5と対して変化ないかなと思ったりも。ここは3辺ベゼルレスと18:9のMIX 2がよりデザイン的に優れている気がします。

mi-mix-2-review-top

コンテンツ面では、最近Mi MIX 2(中華ROM)、OnePlus 5T(Global ROM/Oxygen OS)ではYoutubeの全画面表示が使えるようになっているみたいです。元々18:9ぽいファイルでアップロードしている動画は拡大表示ができるようになっていたと思うのですが、16:9とかでアップロードしているYoutube動画も、拡大表示で端は少し切れますが、現在全画面表示に対応しています。

Mi MIX 2を中華ROMで利用している際にはMi Videoなどがすでに拡大表示に対応していたりしたので「Youtubeも早く同じ機能が使えるようにならないかな」と思っていたのですが、どちらが対応したのか不明ですが、もう使えるようになっているので実用性はアップしていると思います。ゲームも対応していれば横・縦で全画面表示できたりと、長いので少し操作感は変わるものがあるかもしれませんが、概ね良い。

縦表示の場合は当然従来の16:9と比較すると18:9の方が縦長に表示できるので、Twitter利用には非常に使いやすいかと思います。当然縦長なので通知センサーのスワイプなんかは少し届き辛くなるというのはありますが、表示できるコンテンツが縦に多いアプリに関しては、相性が良いのかなと。

また特にハイエンド機ですが、16:9時代のスマートフォンの大きさと、ほとんど変わりません。解像度が2160×1080ドットでフルHD+の場合だとディスプレイの横幅は従来の5.5インチFHDのスマホと変わりませんし、ハイエンドモデルだと左右上下のベゼルも狭い機種が多いかと思うので、例えばOP5とOP5Tでは持った感じがほとんど変わらず。筆者の手だと以前は左右ベゼルの狭い薄型の5.5インチスマホが片手で使うギリギリサイズかなと思っていたので、そういう方は18:9のOP5TやMi MIX 2のような機種も、片手で扱いやすいかと思います。

oneplus-5t-vs-oneplus-5-1

人によってはMi 6など、より小さいモデルの方が使いやすいかもしれないので、その辺りを探すか、Mi 7で小さめの本体に18:9を期待するとか、考えておいた方が良いかもです。

デメリット

  • 全画面非対応のコンテンツ
  • ディスプレイが長いので、通知をスワイプで出しづらい
  • まあでも、デメリットはそんなに感じない

全画面表示非対応のコンテンツを利用する場合には、18:9は長いだけで意味がないです。もちろんハイエンド機は本体を従来の5.5インチサイズに抑えるために指紋認証センサーが背面にあったりするので、ゲームプレイ時にホームボタンを押し間違えない良さとかはあったりするのですが。

また縦長になったことで、Androidだと上部からのスワイプで通知センサーを出すまでの距離が若干ですが遠くなっています。個人的には気にならないのですが、サイズ感・使用感は絶対に譲れないという方は、少し気になるかも。

思うところ

18:9といってもベゼルが狭ければディスプレイが縦長になっただけだので、デメリットといっても無理やり探せばありそうかなという感じで、ハイエンド機に関してはほどんとメリットしかないのかなという印象です。

しかしながらそのメリットが、対応しているコンテンツなら大画面表示で見やすいとか、情報量を多く表示できるとかそういった部分なので、モデルによっては安ければ旧モデルでも良いやという意見も半々くらいになりそうです。フロントに指紋認証センサーがあったほうが良いとか、ソフトウェアのナビゲーションボタンがOLEDディスプレイで焼きつきそうだからいやだとか、理由はいくらでもありそうですしね。

もちろん今手元にあるXiaomi Mi MIX 2、OnePlus 5T両機種そうですが、ハイエンドモデルとして発売されるスマートフォンはもれなく流行りの18:9ディスプレイ搭載ということで、例えばSnapdragon 835以降のハイエンド機に限っては、もう16:9がないというパターンも在りえるかもしれません(むしろ最近の中華スマホを見ていると、ミッドレンジモデルでも18:9ばかりになる気がしています)。

関連

OnePlus 5T 実機レビュー

Xiaomi Mi MIX 2 実機レビュー