Elephone PX、ポップアップ式カメラのスマホがIndiegogoに登場

elephone-px-indiegogo

ポップアップ式のフロントカメラを搭載したAndroidスマートフォン「Elephone PX」が、クラウドファンディングのIndiegogoに登場。すでにキャンペーンが開始しており、一台249ドルからのバッカープランが用意されています。

Elephone PX、Indiegogoでキャンペーン開始

elephone-px-color

Elephone PXは、ポップアップ式のフロントカメラが特徴のAndroidスマーフォン。OSバージョンはAndroid 9.0 Pie、6.34インチのHD+ディスプレイ(720×1480ドット / アスペクト比 19:9)を搭載しています。

注目はポップアップ式のセルフィーカメラ。16MP+2MPのデュアルレンズを搭載し、フロントカメラを起動すると自動でスライドして出てくる仕組みになっているようです。ノッチがないので上部のベゼルが狭くなっており、画面占有率を高めている(89.5%)のも特徴。

最近ディスプレイ上に切り抜き型のタイプがリークしているのでスライド式がやポップアップ式のフロントカメラが流行るかは疑問の残る部分ではありますが、このタイプのカメラを搭載しているのは初代vivo NEXくらいなものなので、目新しいデザインではあります。

Elephone PX is now available on Indiegogo!

プロセッサーはMediaTek Helio P22(MT6762)。12nm FinFETのプロセッサーで、オクタコアCPU(A53@2GHz×4コア + A53@1.5GHz×4コア)、GPUはMediaTekの情報と照らし合わせるとIMG PowerVR GE8320(650MHz)です。メインメモリは4GB RAM、内部ストレージは64GB ROM、microSDカードによって最大400GBの外部ストレージによる拡張にも対応しています。

背面カメラのすぐ下には心拍数センサーが内蔵され、スマートフォンのアプリに同期してデータを見れるようになるとか。

elephone-px-built-in-heartratesensor

SIMカードスロットはnanoSIM×2のデュアル。片方のSIMスロットはmicroSDカードスロットとの排他利用。モバイルネットワークははGSM / WCDMA / TD-SCDMA / TDD-LTE / FDD-LTE / CDMAをサポートし、WCDMAはBand 1/8などにも対応。

USBポートはType-C。バッテリー容量は約3,500mAh。指紋認証スキャナーは背面に配置され、カラーはディープグリーンとミッドナイトブラックの2色を用意。

スーパーアーリー・バード向けは1台なら通常価格の50%OFF、2台なら通常価格の52%OFFで買える支援プランが用意されています。配送はキャンペーン開始時点で2019年3月を予定していますが、これらの期間は前後する可能性もあります。

  • スーパーアーリーバード価格a:249ドル(1台)
  • スーパーアーリーバード価格b:479ドル(2台)
  • Indiegogoスペシャル:299ドル(1台)

キャンペーンページ:Elephone PX – Indiegogo