シェア

「Elephone Z1」発表。16nmプロセスhelio P20/6GB RAMの異次元コスパ

Elephoneから異次元コスパのスマートフォンが発表。「Elephone Z1」は自社ページのクラウドファンディングを利用して発売予定のAndroidスマートフォンで、16nmプロセスのMediaTek helio P20、6GB RAM(LPDDR4)、5.5インチののほとんどベゼルフリーなディスプレイ・・・スペック面で詰め込みまくった機種ですが、なんとお値段、アーリーバードのバッカー価格で$189.99。安すぎませんかね。Elephoneさん。

もちろんこれはプロジェクトが成功するかしないかというリスクもありますが、優先配送の約50ドルプリペイ方式もあります。しかも予告段階で通常価格が200ドル台にになるとも予告しており、どちらにしろ異次元コスパになっているようです。

Elephone Z1発表。helio P20/6GB RAMのコスパモンスター現る

「コスパモンスター」「性能怪獣」的な表現はちょっと大げさかなと思う時があるのですが、久々にコスパモンスターと言えそうな勢いの中華スマホ「Elephone Z1」が発表されました。

Elephone Z1 official video

5.5インチのベゼルレスディスプレイ、16nmプロセスのMediaTek helio P20(MT6757)、6GB RAM、64GBの内部ストレージ、USB Type-C採用と十分これだけでも気になるスペックなのですが、通常価格、なんと229.99USドルと超激安。…一度ニュースを見た時、価格が間違えているのではと二度見&絶句レベルです。

しかも今回はクラウドファンディングという面白い試みがあり、アーリバードとして支援参加すると、最安189.99ドルで購入できるようになっているので驚きです。

1. アーリーバード

189.99ドルをファンディング。プロジェクトが成功したら、アーリーバード優先でElephoneから直接配送。とにかく早くもらって試したい方、レビューしたい方は向いていそうな支援です。もちろんプロジェクトの結果次第。

2. プレオーダー

プロジェクトが成功しないというリスクがあるので、リスク回避用にも49.99ドルを先払い&発売したら残りの150ドルを支払うという支援方法もあります。これなら失敗してもユーザーも大きな損失はしないですし、元価格が229.99ドルなので約30ドルほど安く買える計算に。

配送は、文章を見るとアーリーバードの次に発送されるようです。こちらでも比較的早めに届く感じですね。

3. 1ドルサポートでElephone Z1を当てる

とりあえず支援ということで、1ドルだけファンディングでサポートすることも可能です。ラッキーな方にはElephone Z1は無料で当たるとか。どれくらいの確率なのでしょうか…。小さな宝くじのようです。

Elephone Z1、異次元コスパで絶賛クラウドファンディング中・まとめ

クラウドファンディングの内容はElephone公式サイトを確認。記事執筆時点でサイトがアクセスできないようになっているので詳しい返金内容などは不明ですが、アリーバードなら安く手に入れる確率が高まりますし、もちろんクラウドファンディングに参加しなくても229.99ドルと激安には変わりありません。

MediaTek helio P20は対P10で20%ハイパフォーマンスになっているとしていますし、16nm FFCで電力効率も抜群に上がっている(ことに期待したい)でしょうし、筆者個人としては、ヨドバシの初売りで中華スマホの夢として入っていたら、歴代大当たりなくらいな興奮度です。いや、少し言い過ぎですね。

元々はElephone S8の発売を狙っていたのですが、Z1にも手が出てしまうかもしれません。気になる方は公式サイト(執筆時点で表示されませんが)を確認してみましょう。

Source : Elephone Z1

シェア