【HUAWEI nova lite 3】日本国内で発売へ。Kirin 710、Android Pie、6.21インチFHD+、3万円以下

シェア

huawei-nova-lite-3-design

HUAWEIブランドから、novaシリーズのスマートフォン「HUAWEI nova lite 3」が日本国内で発売。水滴型の小さなノッチを採用したフルビューディスプレイ、Kirin 710、AIデュアルカメラを搭載し、市場想定価格は2万6,880円。また国内MVNOでも取り扱い予定です。

HUAWEI nova lite 3、3万円以下で買える2019年版ミッドレンジモデル

HUAWEI nova lite 3は、ファーウェイ・ジャパンから2019年2月1日に日本国内で発売予定のAndroidスマートフォン。OSは9 Pieをベースに、EMUI 9.0.1が搭載されていまs。

huawei-nova-lite-3-color

ディスプレイは6.21インチのTFT液晶。解像度は2340×1080ドットのFHD+で、アスペクト比は19.5:9。水滴型(雫型)のノッチを採用することで、画面占有率を高めたフルビューディスプレイを搭載。

筐体は3D湾曲デザインを採用し、セラミックのような”質感”を実現。バッテリー容量は3,400mAhで、充電速度はnova lite 2比で22%高速化。

huawei-nova-lite-3-display

SoCはインハウスの「Kirin 710」。12nmプロセス、CPUは8コア(4 x 2.2 GHz A73 + 4 x 1.7 GHz A53)で、GPU Turboに対応し、ミッドレンジの機種でも快適な操作性を実現しているとのこと。メインメモリは3GB RAM、ストレージは32GB ROM。

背面には13MP+2MPのデュアルカメラ 、フロントに16MPのセルフィーカメラを配置。AI認識による撮影補助で、色彩豊かで立体感のある写真を撮ったり、セルフィーでのリアルタイム最適化といった機能に対応。

指紋認証センサーを搭載する他、顔認証でのアンロックにも対応しています。

huawei-nova-lite-3-design

huawei-nova-lite-3-ai-dual-camera

(対応バンド)

  • FDD LTE: B1 / 2 / 3 / 8 / 17 / 18 / 19
  • TDD LTE: B41 キャリアアグリゲーション対応
  • WCDMA: B1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19
  • GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900 MHz

モバイルネットワークはFDD/TDD LTE、WCDMA、GSMに対応しており、au VoLTEへもソフトウェア更新によるサポートが予定されています。発売予定日は2019年2月1日、市場想定価格は2万6,880円

HUAWEI nova lite 3 スペック・基本仕様

MODELHUAWEI nova lite 3
サイズ幅:約73.4 mm
縦:約155.2 mm
厚さ:約7.95 mm
重量約160 g
カラーオーロラブルー、コーラルレッド、ミッドナイトブラック
OSAndroid 9ベース
EMUI 9.0.1
ディスプレイ約6.21インチ TFT
アスペクト比:19.5:9
2340×1080ドット FHD+
SoCHUAWEI Kirin 710
オクタコアCPU(4 x 2.2 GHz A73 + 4 x 1.7 GHz A53)
メモリ3GB RAM + 32GB ROM
バッテリー3,400mAh
測位方式GPS / GLONASS / AGPS
コネクティビティWi-Fi 802.11 b/g/n 準拠 2.4 Ghz
Bluetooth 4.2*1
USB 2.0 Micro-B
nanoSIM x 2
カメラアウトカメラ(ダブルレンズ):約1300万画素+200万画素,LEDフラッシュ,像面位相差+コントラスト AF
インカメラ:1600万画素,FF
通信方式FDD LTE: B1 / 2 / 3 / 8 / 17 / 18 / 19
TDD LTE: B41
キャリアアグリゲーション対応、auVoLTE対応*(ソフトウェア更新による)
WCDMA: B1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19
GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900 MHz
センサー加速度,コンパス,環境光,近接,指紋認証
NFC
本体付属品ACアダプタ、USBケーブル、保護ケース、イヤホンマイク、クイックスタートガイド
参照https://consumer.huawei.com/jp/phones/nova-lite3/specs/