【Meizu zero】e-SIM、18Wワイヤレス充電対応でUSBポート廃止の近未来スマホ

2019年1月23日、中国Meizuは新モデルのスマートフォン「Meizu zero」を発表。SIMカードスロットを廃止してe-SIMを採用、またワイヤレス充電に対応することでUSBポートも廃止してしまった、2019年時点では独自の設計が特徴の機種です。

発売時期は未定ですが、Meizu zeroは中国国内での発売が予定されています。

Meizu zero、廃止オンパレードの未来スマホ

Meizu zeroは、中国魅族から発表されたスマートフォン。最近のテクノロジーを搭載し、未来志向な端末として登場します。筐体デザインはユニボディのセラミック素材を採用。SIMスロットを搭載しておらず、モバイルデータ通信に関してはe-SIMを活用

また18Wのワイヤレス充電に対応することでUSBポートも廃止してしまった、近未来な設計が特徴としています。必要なものだけを搭載していれば、必然的に穴は少なくなる、ということだそうです。外部機器との接続は、USB 3.0相当のワイヤレス接続で高速データ伝送が可能とのこと。Bluetoothバージョンは5.0。

meizu-zero-black

meizu-zero-12

ディスプレイは5.99インチのAMOLEDスクリーンで、 OLEDスクリーンを採用したことで指紋認証スキャナーもディスプレイ上で認証ができるように。プロセッサーはSnapdragon 845を予定しており、内部仕様もハイエンドな機種です。

物理ボタンはサイドに搭載された威圧タッチ対応ボタンに置き換えており、触覚フィードバックシステムを搭載することで物理的な操作感覚を感じ取れるような設計です。

mSound 2.0のスクリーン音響技術によって、通話用スピーカーグリルも廃止。極力外から見える穴を排除したシームレスな設計がMeizu zeroのコンセプトのようで、またそのデザインのおかげかIP68等級の防水防塵にも対応しています。

meizu-zero-water-resistant

Meizu zeroは中国国内で発売予定ですが、時期は未定で、通信キャリアのe-SIM対応状況に左右されそうです。

Source : Meizu(CN)