「Microwear H2」Android OS搭載の新モデル・スマートウォッチフォンが約1万円(PR)

以前紹介したAndroid OSを搭載したAndroidスマートウォッチ「Microwear H1」がありますが、その後継モデルというか、よりハイスペックなモデルが「Microwear H2」です。

内部スペックにはMediaTek MT6580に1GB RAM、16GB ROMとなっており、1.49インチの400×400 AMOLEDディスプレイ、内臓カメラや通話機能など、1万円弱ながら多彩な機能を搭載しているのが特徴。簡単にどんなことが使えるかを確認していきます。(提供: MicroWear)

Microwear H2の主な特徴

  • Android OS
  • ビルドインnano SIMによる3G通信/通話
  • Android OS / 日本語対応
  • カメラ内臓
  • 生活防水

中華ブランドのスマートウォッチということで、面白い機能もいくつか。まずはAndroid OSを採用しているとのことで、どちらかというとスマートウォッチ「フォン」といった方が良いかもしれません。

△ハートレートモニターも搭載。意外と機能も多いようで、プリインアプリもいくつか搭載

プロセッサーはMediatek SoCでクアッドコアCPU、1GB RAM、16GB ROMを採用し、スペックとしては中華エントリー3Gスマホと同程度とも言えます。

△400×400のAMOLEDディスプレイを採用とのこと。スペックはちょっとしたエントリーモデルの3G中華スマホ並み

nano SIMが挿入可能となっており、GSM/3Gの通信・通話が可能。まあこの辺りまでは他のスマートウォッチでも多いのですが、こちらのMicrowearは5MPのカメラを内臓しており、一応日本語にも対応しているとのこと。またBluetoothを利用してAndroidスマートフォンやiphoneなどとの接続もサポート。

△カメラを内臓している点など、スマートフォン並みに全部機能が付いているのはMicrowear H1とも共通するところ

GearBestではセールが開催されており、今回紹介した3G対応のスマートウォッチ「Microwear H2」は91.77ドルと、100ドル以下で購入できるようになっています。

Android OSを搭載した「割と全部入り」なスマートウォッチということ、また100ドル以下という低価格もあるので、気になる方は販売サイトをチェックしておきましょう。