シェア

OnePlus 5は2倍光学ズームではないらしい

OnePlus 5が発表されてからしばらく経ちましたが、カメラUIの面では2xズームを利用できるようになっています。ただこちら、iPhone 7 Plusにあるような2x光学ズームではなく、実際には 1.6倍光学ズームで、2倍ズームの際にはデジタル処理でどうのこうのという面白い話があったのでまとめてみようと思います。

OnePlus 5のデュアルカメラは2倍光学ズームではない

OnePlus 5は片方にテレフォトレンズを採用しており、2xロスレスズームを実現しているとのことでしたが、実際には光学ズームは1.6xまでで、実は2xズームはソフトウェア処理(SmartCapture multiframe technology)であることが話題になっています。

簡単に訳してみると、「少し混乱させてるようなので言っておくと、光学ズームではなく、2倍ロスレスズームです」といった感じです。また以下に続きます。

「光学ズームは1.6xまで、残りは SmartCapture multiframe technology」だそうです。つまりはすでに語っているように2倍光学ズームではないのがこれで確定。

そうなると「2.0xロスレスズーム」というマーケティングもどうなの?という話になっているようで、1.6x以降はデジタル補完であるなら、2.0xロスレスズームとは呼べないのでは?ということのようです。

たしかに、元々失われたというかキャプチャできていないデータをOnePlusが言う「SmartCapture multiframe technology」で何とかしているのであれば、「ロスレス」と呼ぶことに疑問を持つ方も多そうです。

「oneplus 5 optical zoom」あたりで検索すると結構ヒットしますし、YoutubeではOnePlusの今回のマーケティング手法に関して言及している動画もいくつかあるので、気になる方は検索してみると良いかもしれませんね。

関連:OnePlus 5が正式発表。5.5インチ、スナドラ835、デュアルリアカメラ、そして500ドル以下のフラグシップキラー

シェア