【OPPO A7x】Helio P60、6.3インチ画面搭載のミッドレンジモデル

oppo-a7x-top

中国OPPOが、Aシリーズの新モデル「OPPO A7x」を発表。6.3インチの水滴ノッチつきディスプレイ、MediaTek Helio P60、4GB RAM、128GB ROM、AIカメラなどを投資し、中国では1999元で販売されます。

OPPO A7x

OPPO A7xは、AndroidベースのColorOS 5.2を搭載したスマートフォン。6.3インチの大画面と小さなノッチ、 MediaTekのAI対応プロセッサーを搭載してミッドレンジ端末の価格帯で販売予定の新モデルです。

oppo-a7x-top

画面縦横比は19.5:9。水滴型ノッチと狭いベゼルを採用したことで90.8%の画面占有率を実現しています。本体カラーは2色展開で、グラデーションカラーをミッドレンジ端末に持ち込んでいるのも特徴かもしれません。

oppo-a7x-display

SoCにはAI用のMobile APUを搭載したMediaTek Helio P60を採用。4GB RAM、128GB ROMを搭載し、背面には指紋認証センサー、また顔認証でのアンロックにも対応しています。全体的なスペック構成や価格はvivo Y97と似ており、OPPO Aシリーズとしては発表時点で最上位の性能となっています。

oppo-a7x-camera

リアカメラは16MP+2MPのAIサポート、フロントカメラは16MPでAIビューティーモード撮影に対応しています。バッテリーは約3500mAh。OPPO A7xは1999元(日本円で約3万2600円)で販売されます。

Source:OPPO(CN)