OPPO R15 Neo、日本市場で発売へ。スナドラ450搭載の廉価モデル

oppo-r15-neo-colors

OPPO Japanは、日本向けのスマートフォン第2弾として「OPPO R15 Neo」を発表。価格や発売日は明らかにされていませんがSnapdragon 450を搭載していることからコストパフォーマンスも重視した廉価モデルになる予想です。

OSにはAndroid OSベースのColorOS、約6.2インチのノッチありのHD+ TFTディスプレイ、3GB or 4GB RAM、64GB ROM、microSDカードスロット、デュアルnanoSIMスロット、4230mAhバッテリーなどを搭載予定。

OPPO Japan第2弾の廉価モデル「OPPO R15 Neo」

OPPO Japanの第2弾として登場予定の「OPPO R15 Neo」は、Snapdragon 450を搭載したAndroidスマートフォン。同じく第2弾としてOPPO R15 Pro(スナドラ660搭載)が日本で発売予定であることも明かされているので、R15 Neoはよりコストパフォーマンスを重視した廉価モデルとして登場が予想されます。

oppo-r15-neo-teaser

OSはAndroid 8.1 OreoベースのColorOS 5.1、6.2インチのノッチありHD+ディスプレイ(1520×720ドット TFT)、メインメモリは3GB もしくは 4GB RAMが用意されるそうで、ストレージが64GB ROM、また外部メモリ用にmicroSDカードスロットも搭載予定としています。

oppo-r15-neo-colors

背面カメラは13MP+2MPのデュアルレンズ、フロントカメラは8MP、バッテリー容量は大型の4230mAh、本体サイズは75.6×156.2×8.2mm、重量は約168g。カラーはピンクとブルーの2色が用意され、スペック自体は基本仕様がほぼ同じことから「OPPO A5」のリネームモデル、もしくはそれをベースにしたグローバル向け機種と予想されます。

OPPO R15 Neoのスペック

MODELOPPO R15 NEO
カラーダイヤモンドブルー
ダイヤモンドピンク
重量約168g
本体サイズ156.2mm
75.6mm
8.2mm
OSAndroid 8.1 Oreoベース
ColorOS 5.1
プロセッサーQualcomm Snapdragon 450
ディスプレイ約6.2インチ
1520×720ドット
TFT液晶
RAM3GB or 4GB RAM
ROM64GB ROM
外部メモリmicroSDカードスロット
カメラ13MP+2MP デュアルリアカメラ
8MP セルフィーカメラ
対応バンドW-CDMA:Band 1、2、4、5、6、8、19
FDD-LTE:Band 1、2、3、4、5、7、8、18、19、20、26、28
TD-LTE:Band 38、39、40、41
バッテリー容量4230mAh
参照http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1808/14/news032.html

※スペックに関してはまだOPPO Japan公式サイトへ公表されていないので、報道内容のスペックを参考に掲載しています。

Source : ITmedia