シェア

2017年の振り返りと、2018年予定 tusb-blog活動報告

2017年のブログ状況や、来年のことなど、tusb-blog.comの今年1年も振り返ってみます。

2017年は諸事情から1年の半分以上を中国、香港、その他国に滞在していたこともあり、皆さんが利用しているような中華スマホを販売している通販サイトのオフィスにいくつか訪れてみたり、ピザハットのピザをさし入れしてみたり、中華イヤホンの販売では有名なNiceHCKの中の人達に会って食事をしたりと、何かと刺激的な一年でした。ただあーる氏のように深圳記などまとめれば良かったな、新しいメーカーなんかはインタビューも行ければ良かったのかなと反省している部分が多いです。Xiaomiのエレクトリックスクーターもあったのに、レビューを全くしていないとかもありました。反省です。(Xiaomi Electric Scooterは、スピードを出し過ぎると段差で盛大にコケるとだけいっておきましょう)。

この辺りの通販サイトというのは深圳にも多かったりするみたいなんですが、Lightinthebox(多分深圳)とかbanggood(広州)なんかは行けてなかったりします。2018年は訪れてみたいものですが、予定があれなのでそもそも中国に行けるかどうか微妙なところであります。

中華スマホ・中華タブを販売している海外通販サイトに関しては、規模が違ったり、強みが違ったり、AmazonやAliExpres、ebayへの出品、またグループでその他単独の通販サイトをやっているところや自社ブランドで製品企画をしているところもあって、おそらく筆者がみたものが全てでもないでしょうし、興味深い発見がいくつかありました。昔友人が利用していたアパレル通販のサイト、そこの会社が運営していたの?みたいな体験もあったので、退屈することが全然なかったですね。中国で先行販売されているモデルのスマートフォンはいち早く触ることができますし、2017年6月にはTechCrunchのイベントがあったりしましたし、スマホの新製品発表会が深圳で行われることも結構あるみたいですし。

香港に関しても旺角あたりに行けば電子機器の販売店が大量にありますし、香港なら小米之家やMeizu公式ストアなんかがあるので、公式Global版の端末をその場で手に入れたりできますし、SIMフリー版の日本で発売していないXperiaとかLGとかもゲットできます(とはいえ、公式経由じゃなくて良ければ先達廣場で大抵のものは手に入るのですが)。家電製品の見本市なんかもよくあると思うので、アンテナをビシッとはっておけば、深圳+香港は中華ガジェットラバーにとってすごく楽しい場所なのかなという気がしますね。陸路というか、橋経由ですぐに往復できますし、香港に滞在しておいて、イベントがある時だけ深圳に行くということもビザが許す限りはできるにはできますし。

…ということで、2017年は、結果的に色んな所に行って、沢山の人に会って、振り返ってみれば貴重な経験をさせていただいた1年でした。来年、2018年は諸事情から今年のように海を渡りまくることが流石にできなそうな気がしているので(でも行くかもです)、去年は移動費や宿泊費になっていた分を中華スマホ購入に散財して、より多くの実機レビューを届けられたらなと思います。できれば日本で正規販売している端末はおいておいて、海外販売モデルをメインに…。

終わりに、サイトを閲覧してくださっている皆様、本当にありがとうございます。来年もよろしくお願いいたします。

シェア