シェア

【iBasso DX160】CS43198デュアルDAC搭載のミッドレンジDAPが発売へ

ibasso-dx160

中国のオーディオブランドiBassoから、ミッドレンジクラスのデジタルオーディオプレーヤー「iBasso DX160」が発売。5インチのフルHDパネル、シラースロジックのCS43198デュアル搭載。3.5mmのシングルエンド出力端子、4.4mmバランス出力端子を備えます。

iBasso DX160、CS43198 DACをデュアル搭載のミッドレンジDAP

中国オーディオブランドのiBassoから、ミッドレンジDAP「iBasso DX160」が発売。Cirrus LogicのCS43198 DACをデュアルで搭載し、DSD DoPは最大DSD256、PCM 32/384kHzをサポート。THD+Nはチップメーカー参考で約115dB、またMQAデコーディングにも対応。3.5mmシングルエンドのアウトプットのSNRは125dB、4.4mmバランス出力の場合は130dB。なおベースOSはAndroid 8.1をプリインストール。

ibasso-dx160

ibasso-dx160a

本体サイズは113 x 69 x 15mmとコンパクトで、サイズ感はFiiO M9に近いとしながらも、5インチのフルHDとDAPとしては比較大画面なパネルを採用しています。本体表面グロッシーのガラス、サイドから見えるパーツにはアルミを使用。

メインメモリは2GB RAM、内蔵ストレージは32GB ROM、外部メモリ用のMicroDカードスロットは最大512GB対応。Bluetoothバージョンは5.0、バッテリー容量は約3,200mAhで、QC3.0の急速充電をサポート。

すでにプレセールが開始しており、価格は469.99ドル。現在オーダーすると出荷予定は2019年9月を予定しています。

HiFiGO – iBasso DX160 – Pre-Sale