シェア

Qualcomm Snapdragon 855のスペック・基本仕様

Qualcomm Snapdragon 855 Mobile Platformは、2018年12月にクアルコムが発表したプロセッサー。ハイエンドな性能のモバイル端末向けSoCで、Kryo 485 オクタコアのPrime Core構造採用CPU、Adreno 640 GPU、モバイルネットワークではX50モデムで5G通信もサポートします。

Qualcomm Snapdragon 855のスペック

MODELQualcomm Snapdragon 855
製造プロセス7nm
通信モデムQualcomm Snapdragon X24モデム
(※X50モデム for 5G)
CPU8コアCPU
Qualcomm Kryo 485コア
最大2.84GHz
GPUQualcomm Adreno 640 GPU
DSPQualcomm Hexagon 690
ISPDual 14-bit Qualcomm Spectra 380 ISP
カメラデュアルカメラ,MFNR, ZSL, 30fps:最大22MP
シングルカメラ, MFNR, ZSL, 30fps:最大48MP
シングルカメラ:192MP
写真キャプチャ:HEIFフォトキャプチャ
動画キャプチャ:Rec. 2020 カラーガンマビデオキャプチャ、
最大10bitカラー深度のビデオキャプチャ、
最大720p @ 480gpsのビデオキャプチャ、HEVCビデオキャプチャ
ディスプレイオンデバイスサポート:4K HDR
外部ディスプレイ:2つの4K HDR
Wi-Fi802.11ad, 802.11ay, 802.11ax-ready, 802.11ac Wave 2, 802.11a/b/g, 802.11n
Bluetooth5.0
オーディオ Qualcomm TrueWireless Technology
Qualcomm Broadcast Audio technology
Qualcomm Aqstic audio technology
Qualcomm aptX audio technology
Qualcomm aptX Adaptive
位置情報GPS, QZSS, GLONASS, SBAS, Beidou, Galileo, デュアル帯域GNSS
NFCサポート
USBUSB 3.1, USB-C
充電Qualcomm Quick Charge 4+
メモリー速度:2133MHz
タイプ:4x16bit, LPDDR4x
ポートSM8150
参照https://www.qualcomm.com/products/snapdragon-855-mobile-platform

Snapdragon 855(SM8150)は、ハイエンド端末向けに登場したQualcomm設計のプロセッサー。7nmプロセス製造で、CPUはオクタコアの最大2.84GHz、GPUにはAdreno 640、DSPにHexagon 690、ISPにSpectra 380を採用。

通信チップにはQualcomm Snapdragon X24モデム(モバイルネットワーク:ダウンロード最大2Gbps)が採用されていますが、オプションで5G対応のX50モデム(mmWave & sub-6)も提供予定。そのため、SM8150採用で5G対応のスマートフォンには別途X50モデムが実装されることになります。既に発表されているAndroidスマートフォンにも、同じモデルで5G対応/非対応機種を別々にリリース予定のメーカーが存在。

Wi-FiではWi-Fi 6(802.11ax)や、802.11ayベースの60GHz Wi-Fiをサポート。Qualcommによれば60GHz Wi-Fiは10Gbp/秒に対応しています。

qualcomm-x24-modem

qualcomm-5g-architecture

qualcomm-snapdragon-855-with-5g-modem

CPUはKryo 485採用のオクタコア。最大2.84GHzのプライムコア×1、最大2.42GHzパフォーマンスコア×3、最大1.80GHzの効率コア×4の構造で、SDM845と比較してCPUは45%高速に

GPUはAdreo 640。Qualcommによれば、前世代のGPUと比較してグラフィックスレンダリング速度は20%高速に。またモバイル向けSoCとしては初めてVulkan 1.1をサポート。

qualcomm-snapdragon855-cpu

qualcomm-kryo-485-prime-core-arct

(aSMP→高コア群+省電力コア群のBIG.littleを経て、Snapdragon 855では3つの異なるクロックスピードコアを採用したPrime Coreデザインへ)

qualcomm-snapdragon-855-comparison-and-timeline

(800シリーズとしては、過去最大のCPU性能向上を主張)

DSPはHexagon 690。4スレッド DSP、4 Vector eXtrensions、新Tensorアクセラレーター、また第4世代のAIエンジンを採用し、SDM845と比較してAIパフォーマンスは3倍、他社SoC(Androidに搭載される7nm SoCと言及があり、HUAWEI Kirin 980と予想される)と比較してもAIパフォーマンスは2倍と主張しています。

4th-gen-ai-engine-qualcomm

(Snapdrgon 855では、7兆オペレーション/秒以上を実現)

qualcomm-snapdragon-855-ai-performance

(SDM845比で3倍のAIパフォーマンス向上)

ISPはSpectra 380。コンピュータービジョン(CV)ベースのハードウェアをISPに内蔵し性能向上と省電力化を実現。AIエンジンと組み合わせることで、キャプチャしたものが何か、誰か、深度情報など様々な環境を認識。カメラのパラメーターを設定することで最適な画像/動画キャプチャを提供。

isp-380-cv-base-hw

(初のコンピュータービジョン(CV)ハードウェアISPをSpectra 380を内蔵)

cv-isp-380-4k-60fps-bokeh

(深度情報をパイプして、4K HDRで背景をぼかした動画のキャプチャ)

isp-380-realtime-replacement

(背景/人物認識だけでなく、リアルタイムで背景色のみを変えたりできる)

cv-isp-with-aiengine

(人物の動きは止めた状態でシャボン玉のみ動かしたりと、AIエンジンとの連携で様々なことができるように)

heif-snapdragon855

(Snapdragon 855はHEIFフォーマットをサポート。競合他社は現在ファイルサイズの軽量化に終始しているとし、データ量削減だけでない様々なHEIFフォーマットによる機能・特徴を将来のハードウェアでは使える予定)

snapdragon855-capture-hilight

(HDR10+キャプチャもサポート)

Qualcommはスマホでのゲーム需要や動画ストリーミングの利用時間にも注目しており、モバイル端末での画質・オーディオ体験を重要視。Snapdragon 855ではHDR10+、DOLBY VISION、120fpsビューイング、8K 360度 XR動画に対応。

snapdragon855-cinema-support

qualcomm-snapdragon-855-audio

(オーディオ技術では左右独立型イヤホン向けのQualcomm TureWireless Stereo Plusや、データ可変転送で低遅延と高音質を実現するQualcomm aptX Adaptiveもサポート)

UD(アンダーディスプレイ)指紋認証技術関連ではQualcomm 3D Sonic Sensorも紹介。従来の光学2Dイメージキャプチャと比較して、センサーがフル3Dイメージをキャプチャすることで、よりセキュアな認証を実現。濡れていたり脂っぽい指でも、正確に指紋を読み取ることが可能としています。

qualcomm-3d-sonic-sensor

(Galaxy S10には、Qualcomm 3D Sonic Sensor技術が採用されている)

Qualcomm Snapdragon 855 Mobile Platformを搭載したスマートフォンはすでに多数発表されており、サムスン Galaxy S10/S10 Plus/S10e, Galaxy Fold、SONY Xperia 1、LG G8 ThinQ/V50 ThinQなどがあります。中国メーカーからも、Xiaomi Mi9/Mi MIX 3 (5Gモデル)/Black Shark 2、Nubia Red Magic 3、vivo iQOO、Lenovo Z5 Pro GT/Z6 Pro、OPPO Reno(10倍ハイブリッドズーム版)、Meizu 16sなど、多数リリース予定もしくはすでに発売された機種あり。

※Qualcomm公式で公開されているSnapdrgaon 855の機能や特徴は、機種によっては非対応の可能性があります。

Qualcomm Snapdragonプロセッサーの仕様と型番

Source : Qualcomm(EN)