シェア

【realme 5】クアッドカメラ、5,000mAhバッテリー搭載スマホが発売へ。価格は約1万5,000円

realme-5-top

OPPOスピンオフで登場したRealmeブランドから、新モデルのAndroidスマートフォン「realme 5」がインド市場に投入予定。ソフトウェアにColorOS 6、大容量5,000mAhバッテリー、背面に4カメラを搭載し、価格は9,999インドルピーと、日本円で約1万4,900円の低価格で販売されます。

realme 5、1万5,000円の低価格で大容量バッテリーとクアッドカメラを搭載

realme-5-top

Realme 5は、Android 9 PieベースのColorOS 6を搭載したAndroidスマートフォン。インド市場に投入されるrealmeスマートフォンの最新モデルで、価格は約1万4,900円と低価格のミッドレンジモデル。

本体サイズは164.4mm×75.6mm×9.3mm、重量は約198g。本体カラーにはクリスタルブルー・クリスタルパープルの2色が用意され、一部realme、OPPOのスマートフォンで採用されていたようなダイヤモンド調のデザイン(クリスタルデザイン)を背面に採用。

ディスプレイは6.5インチのLCDパネル。解像度は1,600×720ドットで、上部に小さなノッチあり。カバーガラスはCorning Gorilla Glass 3。背面には12MPメイン+8MP広角+2MPポートレイト+2MPマクロ用のクアッドカメラを搭載し、realme 5では4cmのマクロ撮影が可能に。セルフィ―カメラは13MP。

realme 5は5,000mAhの大容量バッテリーを内蔵し、最大29.9日間の電池持ちを実現し。同社によればPUBG(Mobile)でも最大8.5時間のプレイが可能としています。充電用に5V/2Aの10Wアダプターが付属。

oppo-realme-5-feature

realme-5-quad-camera

realme-5-battery

プロセッサーにはQualcomm Snapdragon 665 AIEを採用。6xxシリーズの新モデルで、11ナノメータープロセス、CPUは8コア(最大2.0GHz)、Adreno 610 GPUを搭載。メモリ容量には3つのバリエーションを用意し、それぞれ3GB RAM + 32GB ROM、4GB RAM + 64GB ROM、4GB RAM + 128GB ROM版が登場。microSDカードスロットは最大256GBの外部ストレージ拡張をサポート。

Wi-Fiは802.11acにも対応のデュアルバンド、Bluetoothバージョンは5.0、モバイルネットワークは該当のFDD-LTE、TD-LTE、WCDMA、GSMに対応。測位はGPS、A-GPS、BeiDou、Galileo、センサーは光、近接、磁気、ジャイロメーター、加速度、指紋認証を搭載。なお本体は飛沫耐性の設計を採用していますが、過酷な環境での使用にはおすすめできないとのこと。

realme-5-splash-resistant

本体下部には3.5mmオーディオジャックを残しており、USBポートはmicroUSB、SIMスロットはデュアルnanoSIM。現地価格はメモリ容量の少ないモデルから順に,9999インドルピー(約1万4,900円)、10,999インドルピー(約1万6,400円)、11,999インドルピー(約1万7,900円)で販売予定です。

source : Realme India