【realme C2】Helio P22、4000mAhバッテリー搭載のミッドレンジモデル

シェア

realme-c2

OPPOサブブランドのrealmeから、低価格・大容量バッテリーを搭載したAndroidスマートフォン「realme C2」が正式発表。4000mAh電池を内蔵、約6.1インチのHD+ディスプレイ、トリプルスロットなどを搭載し、価格は5999インドルピー(約9700円)から。

realme C2、1万円以下で4000mAhバッテリー搭載の廉価スマホ

realme C2は、Android 9.0ベースのColorOS 6.0を搭載したスマートフォン。1万円以下から販売される低価格モデルですが、大容量バッテリーを搭載するなどいくつか特徴があります。

ディスプレイサイズは約6.1インチ。アスペクト比は19.5:9となっており、水滴型ノッチ採用で画面占有率89.35%を実現。解像度は1560×720ドットと抑えめ。

筐体は以前一部OPPO、realmeスマートフォンで採用されていたような、ダイヤモンド調の背面デザインとなっています。

realme-c2-display

realme-c2-camera

プロセッサーにはMediaTek Helio P22を採用。12nmプロセスのSoCで、メモリは2GB RAM + 16GB ROM版と、3GB RAM + 32GB ROM版が用意されます。セキュリティ面では指紋認証センサーが搭載されていませんが、AI Facial Unlockによって簡易ロック解除機能が使えます。

realme-c2-battery

バッテリーは大容量の約4000mAh。カメラは背面が13MP+2MPデュアルレンズ、フロントカメラが5MPで、どちらもAI撮影補助機能に対応。I/OはデュアルnanoSIMスロット、microSDカードスロット、microUSBポート、3.5mmオーディオジャックなど。SIMスロットとSDスロットは別搭載のトリプルスロットを採用しているのも特徴。

モバイルネットワークはGSM、WCDMA、FDD/TD-LTEをサポート。Wi-Fiは2.4GHz、Bluetoothバージョンは4.2。

価格は2GB RAM + 16GB ROM版が5999インドルピー(約9700円)、3GB RAM + 32GB ROM版が7999インドルピー(約1万2900円)と、1万円前後の低価格設定に。realme C2はインドで発売予定です。

Source : realme(EN)