【realme X】スナドラ710、昇降カメラの全画面スマホが登場。廉価モデルの青春版も

# シェア

realme-x-design

OPPOサブブランドのrealmeから、新モデルのAndroidスマートフォン「realme X」「realme X青春版」が発表。前者は昇降セルフィ―カメラを搭載したことでノッチをなくしたフルディスプレイデザインが特徴で、後者は似たスペックを搭載しながらもノッチありの外観を採用した廉価モデルとなっています。

realme X

realme-x-design

realme-x-white

realme Xは、AndroidベースのColorOS 6を搭載したスマートフォン。本体サイズは161.2×76×8.6-9.4mm、約191gの重量。

ディスプレイは約6.53インチのOLEDパネルを採用し、解像度は2340×1080ドットのFHD+、アスペクト比は19.5:9、ポップアップ式のフロントカメラを採用し、画面占有率は91.2%に。画面に指を置いての指紋認証機能にも対応。

realme-x-edition

バッテリー容量は3,675mAh、20WのVOOC 3.0急速充電をサポート。プロセッサーは10nmプロセスのQualcomm Snapdragon 710。メモリ・ストレージ容量は3種類を用意しており、LPDDR4X、UFS 2.1を採用。

カメラは背面が48MP(f/1.7)+5MP(f/2.4)、ポップアップ式のフロントカメラは16MP(f/2.4)。USBポートはType-C、3.5mmヘッドフォンジャックも搭載。オーディオ面ではDolby Atmos対応も。

カラーはパンクブルー、スティームホワイトの2色ですが、深澤直人氏デザインのマスター版も発売予定。通常版の価格は4GB RAM + 64GB ROM版が1499元(約2万3900円)、6GB RAM + 64GB ROM版が1599元(約2万5500円)、8GB RAM + 128GB ROM版が1799元(約2万8700円)。

realme X Lite(青春版)

realme-x-lite

realme X Lite(青春版)は、AndroidベースのColorOSを搭載したスマートフォン。プロセッサーにSnapdragon 710、LPDDR4Xメモリ、約4,045mAhバッテリーにVOOC 3.0急速充電をサポートと内部仕様は似ていますが、ディスプレイは6.3インチで水滴型ノッチを採用。In-Displayの指紋認証センサーは搭載されておらず、背面に指紋認証センサーを配置。

背面は16MP+5Mpデュアルカメラ、フロントは25MPセルフィーカメラ。デュアルnanoSIMスロットを搭載し、ネットワークはGSM、CDMA、WCDMA、CDMA2000、TD-SCDMA、LTE-FDD、TD-LTEをサポート。

realme-x-lite-design

3.5mmヘッドフォンジャックを搭載、USBはmicro USBポート。realme X 青春版の価格は4GB RAM + 64GB ROM版が1199元(約1万9100円)、6GB RAM + 64GB ROM版が1299元(約2万700円)、6GB RAM + 128GB ROM版が1499元(約2万3900円)。

Source : realme(Mainland China)