Snapdragon 845のスペック・AnTuTuベンチマークスコア・搭載機種

Snapdragon-845-GPU-adreno630

Qualcommから発表されたフラグシップモデルのSoC「Snapdragon 845」のスペックをチェック。CPU/GPUの性能向上やSPUの搭載、X20モデムによる最大速度の向上など、2018年前半にはこのSoCを活かしたスマートフォンが登場する可能性があるので、確認してみます。

Snapdragon 845 スペック

MODELSnapdragon 845
セルラーモデムQualcomm X20 LTE Modem
最大ダウンロード 1.2Gbps
最大アップロード
150Mbps
CPUKryo 385 CPU × 8コア
最大2.8GHz
GPUAdreno 630
DSPHexagon 685
カメラSpectra 280
最大16MPデュアルカメラ
最大32MPシングルカメラ
デュアル14ビットIPS
ハードウェア加速での顔検出
マルチフレーム・ノイズ低減(MFNR)
アクティブ震度センシング
HDRビデオ録画
セキュリティQualcomm® Secure Processing Unit (SPU)
Qualcomm® Processor Security
Qualcomm® Mobile Security
Qualcomm® Content Protection
ディスプレイUltra HD Premium-ready
4K Ultra HD, 60 FPS
2x 2400x2400 @ 120 FPS (VR)
10-bit color depth
ビデオ10-bit, 4K Ultra HD @ 60 FPS capture and playback
Support for HDR10, HLG
H.264 (AVC), H.265 (HEVC), VP9
Motion Compensated Temporal Filtering (MCTF)
Slow Motion video capture (720p@480fps)
Wi-FiQualcomm® Wi-Fi 802.11ad Multi-gigabit
Wi-Fi integrated 802.11ac 2x2 with MU-MIMO
2.4 GHz, 5 GHz and 60 GHz
オーディオaptX, aptX Classic & aptX HD
ネイティブDSDサポート
PCM最大384kHz/32bit
RF
TruSignal adaptive antenna tuning
High-power transmit (HPUE)
BluetoothBluetooth 5
位置情報PS, GLONASS, Beidou, Galileo, QZSS, SBAS
Low Power Geofencing and Tracking, Sensor-assisted Navigation
充電
Qualcomm Quick Charge 4/4+ technology
参照https://www.qualcomm.com/products/snapdragon-845-mobile-platform

製造はサムスンで10nmプロセス(LPP)。Snapdragon 835と同じ10nmプロセスですが、以前のLPEより10nmLPP FINFETの方が最適化されているとのこと。

通信モデムはSnapdragon X20 LTEモデム。Snapdragon 845はモバイル通信でギガビットのモバイルデータ通信に対応しており、受信最大1.2Gbps、上りは最大150Mbpsをサポートしています。チップ自体はDSDSというか、Dual SIM Dual VoLTE(DSDV)もサポート。

Bluetoothでは”TrueWireless”と呼ばれる技術を提供することで、左右の独立イヤホンへ同時にデータを伝送することができるようです。Qualcommによれば従来の方法と比較して最大約50%の電力消費削減に繋がるとのこと。最近流行りの完全ワイヤレス・イヤホンに対する、新たなソリューションかもしれません。

CPUは「Kryo 385」を採用。最大2.8GHzの4コアCPU(A75ベース) + 1.8GHzの4コアCPU(A55ベース)を搭載したオクタコアCPUでBig.LITTLE構成に。スナドラ820のようにフルカスタムではなく、845は835同様にセミカスタムのようです。

Big側のコアは25~30%のパフォーマンス向上、LITTLE側のコアは15%のパフォーマンス向上をアピール。

snapdragon-845-cpu-kryo-385

GPUは「Adreno 630」。SD835と比較して、30%のグラフィックスパフォーマンス、30%の省電力、2.5倍のディスプレイ・スループット向上となっている模様。

Snapdragon-845-GPU-adreno630

DSPは「Hexagon 685」。AIや画像処理に向けて、パワーとパフォーマンスの最適化を実現。

sd845-dsp

「Qualcomm Quick Charge 4+」をサポートしており、15分で約50%のスマートフォン充電を可能としています。

ISPは「Sectra 280」を搭載。スナドラ845ではUltra HD Premium動画撮影や、720p@480fpsのスローモーションキャプチャにも対応するとのこと。カラーボリュームも多くなっています。Depth Sensingによって、よりポートレイトモードも強化される可能性が。

セキュリティ面では”SPU”と呼ばれるスタンドアロン・ユニットを搭載し、セキュリティデータとなる部分を独立したユニットに格納することで、セキュリティ性能も高めています。

Snapdragon845の搭載機種

Snapdragon 845のベンチマークスコア

AnTuTuベンチマーク

Xiaomi-mi-mix-2s-antutubenchmark

  • Xiaomi Mi MIX 2S – 277170
  • (Xiaomi)Black Shark – 269108
  • SAMSUNG Galaxy S9+ – 264044
  • SONY Xperia XZ2 – 266078

AnTuTuベンチマークではVer 7の計測結果でみると、26万~27万点あたりが総合スコアになっています。Xiaomi POCO F1の製品発表会では30万に近いスコアが公開されていたりしました。

Geekbench 4

geekbench-4-snapdragon-845

機種にもよりますが、Geekbench 4のスコアでみるとCPUでシングルコアが2500前後、マルチコアが8500前後は出ているようです。

geekbench-4-gpu-sdm845

レンダースクリプトスコアもスナドラ845搭載モデルのSAMSUNG Galaxy S9+で13621の点数が出ており、Snapdragon 835のスコアと比較するとどれも大幅にアップしているのがみてとれます。

関連:Snapdragon プロセッサーの型番とスペック比較