シェア

UMIDIGI A1 Proが発売。DSDV対応のミッドレンジモデル

UMIDIGI Mobileから、新モデルのUMIDIGI A1 Proが発売。100ドル前後で発売されるコストパフォーマンスを重視したAndroidスマートフォンで、OSはOreoベース、5.5インチのSHARP 18:9ディスプレイを搭載。

プロセッサーにMediaTekのMT6739を採用しており、デュアルSIMスロットを利用しての4G同時待ち受けや、デュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)に対応しているのも特徴です。

UMIDIGI A1 Pro、デュアルVoLTE対応のコスパモデル

新モデルのUMIDIGI A1 Proが発売。100ドル台のコストパフォーマンスを重視したモデルですが、DSDVサポートや顔認証でのアンロック、デュアルリアカメラ、5V2A急速充電などいくつか特徴のあるモデルです。

UMIDIGI A1 Pro スペック・基本仕様

  • ディスプレイ:5.5’’ HD+ SHARP TDDI In-cell
  • CPU : MediaTek MT6739 at 1.5GHz
  • GPU : IMG 8XE 1PPC@ 570MHz
  • RAM : 3GB
  • ROM : 16GB
  • リア : 13M+5M, F2.0, 5P lens, Samsung Sensor, AF
  • フロント : 5M
  • 接続 : Dual 4G VoLTE, both SIM slots are compatible with 4G, support Dual 4G LTE at the same time.

(ネットワーク)

  • 2G:GSM 2/3/5/8
  • 3G:WCDMA 1/2/4/5/8
  • 4G:TDD-LTE 38/40/41
  • 4G:FDD-LTE 1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20

(その他)

Bluetooth 4.0, GPS, USB Type-C,3.5mm audio jack,OTG

Battery : 3150mAh/4.4V

Quick Charge: 5V2A Quick Charge

Dimensions : 145.3 mm * 69.1 mm * 8.5 mm

Weight : 173g

Other : FM radio, gravity sensors, proximity, brightness, fingerprint reader

Colors : Moonlight Silver, Icy Blue, Pitch Dark

DSDV、デュアルVoLTE対応

MediaTekのMT6739と言えば低価格ながらDSDVに対応したプロセッサーとして発表されたので少し気になっていた存在ですが、今回のUMIDIGI A1 ProもデュアルVoLTEに対応するようです(各キャリアのVoLTEで使えるかどうかは要確認)。

低価格で4G+4Gの待ち受けに対応したモデルというのは、中華スマホでもかなり珍しいです。MT6739のようなSoCを搭載する機種が増えてくれば、今後リーズナブルな価格でもDSDVが使える機種というのは多くなるかもしれません。

MediaTek MT6739

では肝心のMT6739の性能はというと、スペック上はエントリーモデルです。Cortex-A53@1.5GHzのクアッドコアCPU、GPUにIMG PowerVR GE8100(8XE 1PPC@ 570MHz)を採用し、メインメモリが3GB RAM、内蔵ストレージが16GB ROM、microSDカードスロットにも対応しています。

5V/2A急速充電

5V2Aの空即充電にも対応するとのこと。またスペックを見ても分かる通り、USBポートはType-C、3.5mmヘッドフォンジャックも残しているとのことなので、この辺りは良さそうでです。

追記:TOMTOPで発売。99.99ドルから。

UMIDIGI A1 PRO 4G Smartphone 3GB+16GB-TOMTOP