【UMIDIGI A3】Dual VoLTE対応、3スロット搭載のエントリーモデル

umidigi-a3

UMIDIGI Mobileから、エントリーモデルのAndroidスマートフォン「UMIDIGI A3」が発表。MediaTek MT6739を搭載しDual VoLTEに対応した機種で、microSDカードを個別に挿入可能なトリプルスロットも採用しています。価格は約100ドルから。

UMIDIGI A3

umidigi-a3-color

UMIDIGI A3は、UMIDIGI Mobileから発売されるAndroidスマートフォン。クアッドコアCPU、2GB RAM、16GB ROMを搭載したエントリーモデルですが、MT6739を搭載しDual VoLTEに対応しているのが特徴です。

MediaTek MT6739、Dual VoLTE

mediatek-mt6739-umidigi-a3

UMIDIGI A3はAndroid 8.1 Oreo、5.5インチのHD+(1440×720ドット)ディスプレイ、2GB RAM、16GB ROMを搭載したエントリーモデルですが、プロセッサーにMediaTekのMT6739を採用しています。

MediaTek MT6739はクアッドコアCPUの低価格端末向けSoCですが、Dual VoLTEをサポートした少し珍しいチップセットです。他の機種でもいくつか同じSoCを搭載し、Dual VoLTEに対応している中華スマホが存在します(VoLTE対応は通信キャリア次第なところもありますが)。

対応バンドは以下の通り。エントリーモデルとしてはサポートしている周波数帯が多く、LTEに関しては15のバンドに対応。低価格とネットワーク対応の豊富さをアピールした端末です。

  • 2G : GSM B2/3/5/8
  • 3G: WCDMA B1/2/4/5/8
  • 4G: TDD-LTE 38/40/41
  • 4G: FDD-LTE 1 /2 /3 /4 /5 /7 /8 /12 /13 /17 /19 /20

トリプルスロット

umidigi-a3-triple-slot

UMIDIGI A3は同じトレイにnanoSIMスロット×2、microSDカードスロット×1がセットできるトリプルスロットを採用。最大256GBのmicroSDカードに対応しているので、本体内蔵のストレージ容量は少ないですが、拡張が可能です。

ネットワーク対応が特徴のエントリーモデル

umidigi-a3-content

UMIDIGI A3は100ドル前後で発売され、低価格ながらDual VoLTEと多くのLTEバンドをサポートしたネットワーク対応に特徴のあるエントリーモデルです。2018年10月20日より、AliExpressなどで販売開始予定。

【主要スペック】

  • Android 8.1 Oreo
  • 5.5インチ In-cell HD+ディスプレイ
  • MediaTek MT6739 クアッドコアCPU、IMG GPU
  • 2GB RAM、16GB ROM
  • 12MP+5MPデュアルリアカメラ OV12870
  • 8MPフロントカメラ OV8856
  • トリプルスロット(nanoSIM×2スロット + microSDスロット×1)
  • IEEE 802.11 1/b/g/n、Bluetooth 4.0
  • GPS、GLONASS
  • 3,300mAhバッテリー、5V/1A充電
  • 指紋認証センサー(背面)
  • 147.2×70.2×8.5mm、約186g

シェア