シェア

Vernee Mars Pro、MediaTek Helio P25を採用したアップグレードモデルが登場

MWC 2017にて、新モデルの「Vernee Mars Pro」が発表。以前からあったVernee Marsの後継、アップグレード版となっており、オールメタルボディを採用。

プロセッサーにはMediaTekのアッパーミッドクラス「helio P25(16nm FinFET)」を採用。最大6GB RAM、大容量3500mAhとスペック面での強化は大きく、全モデルのhelio P10から大きくステップアップしたモデルとなっています。

Vernee Mars Pro、helio P25搭載の新モデル

  • Vernee Mars Pro
  • MediaTek helio P25
  • 5.5インチ フルHDディスプレイ
  • Android 7.0 Nougat
  • 6GB RAM / 64GB ROM
  • 3500mAhバッテリー/急速充電
  • サイド部分の指紋認証

MediaTek Helio P25を搭載した中華スマホはMWC 2017でいくつか発表されており、タフネススマホのUlefone Armor 2、3辺ベゼルレスのUlefone F1、またリークされているところでいうとElephone P25などがあります。16nm FinFETということで、helio P10搭載の初代Marsとは別物スペックになっているはずなので期待。

helio P25が13MP+13MPのデュアルカメラ対応しているのでついでに…と思いたいところですが、Mars Proはシングルのリアカメラになっているようです。

…VerneeのMWC 2017発表ラインナップを見ると、各シリーズのアップグレード版という感じの機種が多くなっているようなので、今後もそんなに多くの機種は乱発発売しないのかもしれませんね。ベンチャーで社員も少ないようですし。

  • Vernee Apollo 2 Pro→公式HPに一瞬出て消えた謎モデル
  • Vernee Apollo 2 → helio X30予定。フラグシップ
  • Vernee Apollo X → helio X20予定。Apolloシリーズ派生モデル
  • Vernee Apollo Mars Pro →iPhoneぽいアンテナラインのアッパーミドル
  • Vernee Thor E / Thor Plus → 初代Thorは違いましたが、超大容量バッテリーを搭載した電池持ち重視モデルに

今回発表されたモデルをまとめるとこんな感じでしょうか。Apollo Xは少し不明ですが、シリーズごとにしっかりスペックや特徴が割り振られている気はします。あとは中華スマホならではの価格に注目したいですね。

シェア