シェア

【vivo APEX 2019】コンセプトスマホ第2弾はスーパーユニボディ+5G

vivo-apex-2019-2

中国vivoは、第2弾のコンセプト・スマートフォン「vivo APEX 2019」を発表。vivoの端末として初めて5G通信に対応予定の機種で、ディスプレイでの指紋認証や、USBポートを廃止したシンプルなユニボディ構造が特徴としています。

vivo APEX 2019、第2弾のコンセプトスマホは「シームレスデザイン+5G」

中国vivoが発表した「vivo APEX 2019」は、初代APEXに続くコンセプト・スマートフォン。以前もポップアップ式のカメラやUD指紋認証など新しいデザイン・機能が盛り込まれていましたが、今回は「シームレスなデザイン」と「5G通信への対応」に注目。

vivo-apex-design

vivo-apex-2019-ud-fingerprint-sensor

vivo APEX 2019でもUD指紋認証には対応していますが、今回は「フルディスプレイ指紋認証技術」を採用し、センサーでの指紋認証が、ほとんど全てのディスプレイ範囲をカバーする予定。ほとんどどこをタッチしてもシームレスにスクリーン・アンロックが可能に。

大きなセンサーが搭載され、例えばアプリアイコンのタッチで指紋認証からダイレクトにアプリ起動ができたりと、セキュリティとスムーズなUXを両立するような設計になるようです。

apex-2019-magport

サイドのボリューム・電源ボタンも廃止されており、代わりにセンサーでタッチができる仕組みを採用。ディスプレイ・ボディ越しに音が聞こえる技術を採用することで、スピーカー穴も外側からは見えないような設計です。とことんシームレスな外観を追求しており、USBポートも廃止。代わりに「MagPort(マグポート)」と呼ばれるポートを搭載しています。

Snapdragon 855、12GB RAM + 256GB ROM

内部スペックも発表されており、プロセッサーにはQualcommの新・ハイエンド向けSoC「Snapdragon 855」、また12GB RAMと大容量のメインメモリを搭載予定。またvivoスマートフォンしてはAPEX 2019が初の5G対応スマートフォンになるとのことで、5Gモバイルデータ通信に対応することでクラウドでのゲーミングや動画視聴体験など、様々なメリットをユーザーは享受できるようになるとか(あくまでユーザーシナリオを想定したもの)。

vivo APEX 2019 Hands-On | The Future Phone is like this爱范儿现场上手体验
搞机零距离:vivo APEX 2019上手 全屏指纹+骁龙855 害挺激动的

初代コンセプト・スマホのAPEXはvivo NEXとして商用・製品化されたので、APEX 2019も発売される可能性があるかもしれません。ちなみに同時期にMeizuから「Meizu zero」という似たコンセプトの端末が発表されています。

Source : 1, 2