シェア

【Vivo iQOO neo】スナドラ845、水冷システム搭載へ

vivoのゲーマー向けサブブランドiQOOから、第2弾となるスマートフォン「vivo iQOO neo」が登場予定。詳しいスペックはまだ判明していませんが、デザインやSoC、水冷システムを内蔵することが明らかになっています。

iQOO neoはスナドラ845に水冷内蔵

vivo iQOO neoは、ゲーミングスマホのiQOOブランドから発売予定のスマートフォン。2019年年7月2日にローンチが予定されている機種ですが、その一部スペックが明らかになっています。

まずはデザインですが、上部に小さなノッチを搭載したディスプレイ、背面にはトリプルカメラ、カラーはパープルなどが登場予定。

SoCはQualcomm Snapdragon 845で、内部には水冷システムを内蔵予定。第一弾のvivo iQOOはSnapdragon 855を搭載していたので、より廉価な価格設定になることが予想されます。

バッテリー容量は約4,500mAhと判明しており、また急速重電では22.5Wのファーストチャージに対応予定です。

シェア