「VKworld T2 Plus」Android OSのフリップ型スマホが発売

中華スマホのVKworldブランドから予告されているFlip型のAndroidスマートフォン「VKworld T2 Plus」の実機動画が公式から公開されています。時々出てくるガラケー型・フリップ型のスマホですが、すでにAliExpressでスペック情報も確認できるようになっており、発売もしているのでチェック。

VKWorld T2 Plusの実機デザイン

ちょびちょびといくつかのブランドから登場する折りたたみ型のAndroidスマートフォン(日本ではガラホともいう?)ですが、中華スマホのVKworldから「VKWorld T2 Plus」が発売。

Android OSとデュアルスクリーン

OSは Android 7.0 Nougatを採用しており、ディスプレイは両面に約4.2インチのスクリーンをデュアルで搭載。GSM/WCDMA/LTE通信に対応し、 SoCがMediaTekのMT6737、3GB RAM、32GB ROM、またmicroSDカードスロットにも対応しています。

背面カメラが8MP(SW13MP)、フロントカメラが2MP(SW5MP)、2000mAhバッテリーと全体的にはエントリーモデルのスペックと言えますが、フリップ型のスマートフォンかつ、そこそこの価格でLTEに対応しているというのがポイントかと思います。

レザー系のリア素材、物理キーボード

ボディ背面にはレザー調の素材を採用しており、物理キーボードも搭載。Android OSの言語設定自体はAliの公式ページを見る限り日本語にも対応しているとのこと。

価格は259.99ドルとそこそこの価格になっていますが、フリップ型のスマートフォン自体珍しいです。