【レビュー】Xiaomi Mi A2のAIデュアルカメラで撮りため公開(1)

xiaomi-mi-a2-ai-dual-camera-top

Xiaomi Mi A2のカメラ性能チェックです。以前のファースト・インプレッションからしばらく撮りためていたので、少しずつ掲載していこうかと思います。

AIの撮影補助に対応したデュアルカメラは日中お値段以上な画質でおすすめですが、撮影を繰り返しているうちに暗所はハイエンドモデルと比較すると少し弱い部分も感じたので、書いていきます。(サンプル提供:GearBest)

Xiaomi Mi A2 カメラ性能

Xiaomi Mi A2の背面カメラは20MP+12MPのダブルレンズを採用しており、ハードウェア仕様はこんな感じになっているそうです。

  • 12MP、SONY IMX486、1.25μmピクセル、f/1.75
  • 20MP、SONY IMX376、2.0μmピクセル、4-in-1ピクセルビニング技術、f/1.75

カメラUIに関しては以前も紹介した通り、AI対応といいながらもXiaomi Mi MIX 2SのカメラUIにあるようなAIモードのON/OFF切り替えというのはありません。

mia2-camera-ui

以下、サクッと撮影した写真です。

※掲載用にリサイズ、圧縮された画像です。他機種比較の個人的な意見とともに、なんとなく雰囲気を感じ取っていただければ幸いです。

日中・屋外

明るい時間帯であれば、200ドル前後のスマートフォンとしては大満足です。シャープさもありますし、AI補助機能で最適化されているであろうパンチのある色描写も個人的には好きです。

shot-on-xiaomi-mi-a2-dual-camera

shot-on-xiaomi-mi-a2-water

xiaomi-mi-a2-camera-sample-680-1

xiaomi-mi-a2-camera-sample-680-sky

xiaomi-mi-a2-camera-sample-680-beach

xiaomi-mi-a2-camera-sample-680-river

shot-on-xiaomi-mi-a2-water2

ポートレイトモードで1枚。ポートレイトというくらいなので人物メインにソフトウェアが最適化されているのか、細かいところはボケてしまったりします。

とは言ってもスマートフォンのポートレイトモードというとハイエンドモデルも同じような現象が起こることが多い気がするので、そこまで気にならず。

xiaomi-mi-a2-camera-sample-680-f

xiaomi-mi-a2-camera-sample-680-lamp

xiaomi-mi-a2-camera-sample-680-wall

室内・フード

室内も照明次第ですが、レストラン内で撮った写真も個人的には良いと思います。2枚目は自炊で室内で撮った写真ですが、満足な光もない中での写真としては、なかなか良いのではないでしょうか。

xiaomi-mi-a2-camera-sample-680-food

xiaomi-mi-a2-camera-sample-680-food-2

xiaomi-mi-a2-camera-sample-680-in

xiaomi-mi-a2-camera-sample-680-in-2

明るい場所での画質は、素人ながらハイエンドモデルとも十分に戦えそうな画質のように思います。Mi MIX 2/2SやiPhone Xともいくつか比較してみましたが、日中であればXiaomi Mi A2がメインでも良いなという印象。

夕方/夜・ローライト環境

ファーストインプレのときは暗所も結構頑張れるかな、と思っていたのですが、しばらく使ってみるとローライト環境ではハイエンドモデルと差がありそうな気がしてきました。

日が落ちそうな夕方くらいであれば似たり寄ったりな印象でしたが、完全に日が落ちた時間帯での撮影はノイズ、フォーカスの甘さを感じます。HDRなんかでも少し厳しいです。

xiaomi-mi-a2-camera-sample-680-evening

xiaomi-mi-a2-camera-sample-680-night-5

xiaomi-mi-a2-camera-sample-680-4

xiaomi-mi-a2-camera-sample-680-night-1

xiaomi-mi-a2-camera-sample-680-night-2

xiaomi-mi-a2-camera-sample-680-night-3

あくまでXiaomi Mi MIX 2SやiPhone Xなどのハイエンドモデルと比較して、という話なので、200ドル前後のAndroidスマートフォンとしては十分過ぎるくらいです。

暗所以外はメイン機としても楽しめそう

日中明るい場所での撮影環境なら、Xaomi Mi A2でも十分メイン機として楽しめます。暗い場所での撮影では流石にハイエンドモデルと比較して差が出てきますが、それも価格が倍以上の機種と比べているので、Mi A2が200ドル前後ということを考えると(AndriodOneのシンプルさも兼ねて)このままメイン機で使ってみようという印象が継続中です。

シャオミの他機種でいうと公式Global ROMのMIUI10アップデートが続々とOTAで配信されているのでMIUI 9の時代と比較するとまた使いやすくなったかなと感じる部分もありますが(ジェスチャー操作が追加されてiOSぽさが増したのですが)、シンプルさでいうとAndroidOneシリーズのMi A2には敵いません。対価格で考えればその他内部スペックも十分過ぎますし、使いはじめの印象と変わらず「安くて良機種」としておすすめできる端末かと思います。

関連:Xiaomi Mi A2 ファーストインプレ

シェア