シェア

【Xiaomi Mi A2】スナドラ660、AI対応カメラのAndroidOneシリーズ新モデル

xiaomi-mi-a2-tto

中国Xiaomiが、AndroidOneシリーズの新モデルとなるXiaomi Mi A2を正式発表。5.99インチのFHD+ディスプレイ、Snapdragon 660 AIE、AI対応のデュアルカメラなど強化されたスペックを搭載しながら、価格は4GB + 32GBモデルで約3万2300円からとコストパフォーマンスも強烈なモデルです。

Xiaomi Mi A2、スペックアップのAndroidOne新モデル

Xiaomi Mi A2は、シャオミの初代AndroidOneであるXiaomi Mi A1後継モデルとして発売されたAndroidスマートフォン。旧モデルとなったMi A1からプロセッサーやカメラ性能が強化されており、価格も3万円台前半からと安いのが特徴のモデルです。

本体カラーは廉価版として同時発表されたXiaomi Mi A2 Liteと同じく、ブラック、レイクブルー、ゴールドの3色展開です。

xiaomi-mi-a2-black

xiaomi-mi-a2-blue

xiaomi-mi-a2-gold

Xiaomi Mi A2のスペック

xiaomimia2-specs

MODELXiaomi Mi A2
本体サイズ158.7mm
75.4mm
7.3mm
168g
カラーゴールド、レイクブルー、ブラック
ディスプレイ5.99インチ 18:9
2160×1080ドット FHD+ 403ppi
コントラスト比 1500:1
SoCQualcomm Snapdragon 660 AIE
内蔵メモリ4GB RAM + 32GB ROM
4GB RAM + 64GB ROM
6GB RAM + 128GB ROM
外部メモリmicroSDカードスロットなし
バッテリー3010mAh(typ)/ 2910mAh(min)
5V/2A充電サポート
リアカメラ(レンズ1)
20MP, SONY IMX376, 4-in-1ピクセル・ビニング技術
2.0μmピクセル, f/1.75ラージアパチャー
(レンズ2)
12MP, SONY IMX486
1.25μmピクセル, f/1.75ラージアパチャー

AIデュアルカメラ
ポートレイトモードでの背景ぼかし
単色LEDフラッシュ
HDR
パノラマモード
バーストモード
顔認識
AIビューティー 4.0
グループセルフィー
フロントカメラ20MP, SONY IMX376
4-in-1スーパーピクセル(ピクセル・ビニングに基づく)
2.0μmピクセル, F/2.2アパチャー

AIポートレイトモード
AIビューティー4.0
HDR
4500K ソフト・トーンセルフィーライト
セルフィータイマー
顔認識
グループセルフィー
動画撮影4K video 3840x2160 30fps
1080p video 1920x1080 30fps
720p video 1280x720 30fps
480p video 720x480 30fps
スローモーション video 720p 120fps
SIMスロットデュアルNanoSIM
DSDVは非対応
対応バンドGSM:B2/B3/B5/B8
WCDMA:B1/B2/B4/B5/B8
LTE FDD:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B20
LTE TDD:B38/B40
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac
2.4Ghz, 5GHz
BluetoothBluetooth 5.0
位置情報GPS, AGPS, GLONASS, BeiDou
センサー加速度センサー、ジャイロセンサー、環境光センサー
近接センサー、電子コンパス、指紋認証センサー
ホールセンサー、モーター
付属品Xiaomi Mi A2本体
ACアダプター
USBケーブル
SIMピン
Type-C to Audioアダプター
ユーザーガイド
クリアソフトケース
参照https://www.mi.com/en/mi-a2/specs/

細かいところでいうと廉価モデルのXiaomi Mi A2 Liteは3.5mmオーディオジャックを搭載していますが、無印Mi A2は3.5mmオーディオジャックなし、その代わりに変換アダプターがパッケージに付属します。

AndroidOne

mi-a2-androidone

Xiaomi Mi A2は初代のMi A1同様にAndroidOneシリーズのスマートフォンなので、MIUIではなく、Googleが提唱するAndroid体験が可能なクリーンなソフトウェアが搭載されています。

AndroidOneと言えばセキュリティパッチの更新やOSのアップデート、シンプルなUIが魅力で、今回の新モデルもそのメリットを享受できます。

5.99インチ FHD+ディスプレイ

xiaomi-mi-a2-diaplay-189

Xiaomi Mi A2は5.99インチの2160×1080ドットFHD+ディスプレイを搭載。初代Mi A1で5.5インチ 16:9だったスクリーンは、今回のMi A2で18:9のアスペクト比に変更されています(つまり、画面は縦長になっています)。

そのためディスプレイの表示領域は少し広くなっているのですが、本体サイズは横幅75.4mmでMi A1よりも若干細くなっているようです。厚みは同じ、重量は168gで3g増えただけなので、縦に持ったときのサイズ感は、縦長になった以外ほとんど変わらないものと予想されます。

mi-a2-design

(薄型・フルメタルのユニボディ構造を採用。最近のXiaomiミッドレンジ端末ぽいデザインです)

ちなみにディスプレイのカバーガラスには2.5DのCorning Gorilla Glass 5が採用されているとのことで、落下耐性も備えていることがアピールされています。

Qualcomm Snapdragon 660 AIE

xiaomi-mi-a2-snapdragon-660-aie

大きなステップアップとなるのがプロセッサー。Xiaomi Mi A1ではSnapdragon 625が搭載されていましたが、新モデルのXiaomi Mi A2にはSnapdragon 660(AIE)が採用されています。

SDM660は14nm FinFETのSoCで、Kryo 260を含めた8コアCPU(最大2.2GHz)、Adreno 512 GPUを搭載しています。Snapdragon 625と比較するとこれまでの搭載機種性能・評判も考慮すれば大きな性能向上が期待できそうな仕様に。ちなみにMi A1ではLPDDR3だったメインメモリは、Mi A2でLPDDR4Xに変更されているとも発表会では明らかになりました。

mi-a2-sdm660

xiaomi-mi-a2-antutu-benchmark

(AnTuTu Benchmarkスコアは14万点近い数値に。Mi A1からの大きなスペック向上が期待される内容に)

ちなみに廉価モデルのXiaomi Mi A2 LiteはMi A1と同じくスナドラ625採用なので、正当な後継モデルというとこの無印Mi A2がそれに当たるかと思います。

20MP + 12MP AIデュアルカメラ

xiaomi-mi-a2-ai-dual-camera

Xiaomi Mi A2は背面にメイン12MP(SONY IMX486)+ サブ20MP(SONY IMX376)のデュアルカメラ を搭載しており、設定によってスマートなレンズ選択を行い、その場に適した写真撮影が可能になっているとのこと。

※Smart Lens Selectionははじめポートレイトのみに対応し、今後のアップデートで普通の撮影モードにも適用される予定。

xiaomi-mi-a2-smart-lens-selection

日中は12MPのレンズがクリアな写真撮影を可能とし、ローライトの撮影環境では20MPレンズが4-in-1のピクセル・ビニング技術を活かして明るい写真を撮れるそうです。

リアカメラは両レンズがF/1.75アパチャーとなっており、Mi A1と比較してローライト環境での撮影パフォーマンス向上をアピール。カメラ性能アップも購入ポイントの1つになりそうな予感です。

xiaomi-mi-a2-selfie-camera

前面のセルフィーカメラも20MP(SONY IMX376)にパワーアップ。フロントカメラにも4-in-1 Super Pixel技術を採用することで、ローライト撮影性能が強化されているとか。フロントカメラは1眼ですが、AIサポートによって背景をぼかしたりといったことも可能です。美顔機能はBeauty 4.0に対応。

対応バンド

GSM:B2/B3/B5/B8
WCDMA:B1/B2/B4/B5/B8
LTE FDD:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B20
LTE TDD:B38/B40

グローバル向け公式サイトを参照。デュアルnanoSIMスロット搭載ですが、公式サイトの説明を見る限りDSDVには非対応のようです。

価格

  • 4GB RAM + 32GB ROM モデル:249ユーロ(約3万2300円)
  • 4GB RAM + 64GB ROM モデル:299ユーロ(約3万8800円)
  • 4GB RAM + 128GB ROM モデル:349ユーロ(約4万5200円)

Xiaomi Mi A2の価格は上記。最小構成で3万円台前半と、Snapdragon 660 AIEを搭載したAndroidスマートフォンとしてはかなり安い価格設定です。販売予定国も多くグローバルモデル、しかもAndroidOneなのでかなり台数売れそうなモデルですが、すでに海外通販サイトでも販売が開始しています。

(Xiaomi Mi A2を購入)