【Xiaomi Mi Play】発表。5.84 FHD+、MediaTek P35、AIデュアルカメラ搭載、SIMバンドルで10GB/月が1年無料も

xiaomi-mi-play

2018年12月24日、中国Xiaomiが新モデルのスマートフォン「小米Play(Xiaomi Mi Play)」を正式発表。5.84インチのFHD+ディスプレイ、SoCに12nmプロセスのMediaTek P35、背面にはAIデュアルカメラを搭載し、1099元で販売されます。

なおSIMカードがバンドルされ、中国ユーザーは毎月10GBの4G LTEインターネット通信を1年間使える特典付きです。

Xiaomi Mi Play、10GB/月のSIMカードバンドルで発売へ

xiaomi-mi-play

Xiaomi Mi Play(小米Play)は、シャオミが12月24日に発表したスマートフォン。

ディスプレイは5.84インチの1080×2280ドット FHD+(432 PPI)、コントラスト比は1500:1、アスペクト比は19:9で、フロントカメラ部分に小さなノッチを採用。

本体サイズは147.76mm×71.89mm×7.8mm、重量は約150g。シャオミによれば、従来のスマートフォンでいう5.1インチ程度のサイズ感でホールドができるとのこと。本体カラーは梦幻蓝、暮光金、黑色の3色を用意。

xiaomi-mi-play-display

SoCはMediaTek P35。12nmプロセスのSoCで、8コアCPU(最大2.3GHz)、GPUはIMG GE8320(最大680MHz)。メインメモリは4GB LPDDR4x RAM、内部ストレージは64GB eMMC 5.1。microSDカードスロットも搭載しています。

背面には12MP+2MPのAIデュアルカメラ、前面には8MPのAIセルフィーカメラを搭載。背景ぼかしやポートレイト撮影、HDRモードをサポートしています。

バッテリーは約3,000mAh。USBポートはmicro USB、5V2Aの充電に対応。

xiaomi-mi-play-design

SIMカードスロットはデュアルnanoSIM。VoLTEをサポート。Wi-Fiは802.11 a/b/g/n/acで2.4GHz&5GHz対応、Bluetoothは4.2。

位置情報はGPS、AGPS、Glonass、BeiDouに対応。センサーは磁気センサー、ジャイロスコープ、加速度センサー、環境光センサー、近接センサー、背面の指紋認証スキャナーなど。

OSはMIUIが搭載されますが、発売後のOTAアップデートによってAIボイスアシスタント(小爱同学)にも対応予定です。

xiaomi-mi-play-sim-mvno-bundle

Xiaomi Mi PlayはSIMカードがバンドルされ、毎月10GBのモバイルデータ通信を1年間使える特典付き。なおシャオミは2018年7月に中国でMVNOとしてのライセンスを得ています。

この1年間10GB/月の料金は端末販売価格1099元(日本円で約1万7700円)に含まれているので、中国国内では通信費込みでのコストパフォーマンスもアピールした機種となっているのが特徴です。

Source : Xiaomi(CN)