【Xiaomi Mi9】一部スペックが判明。画面占有率90.7%、Snapdragon 855、AIトリプルカメラ

xiaomi-mi9-antutu

中国シャオミの次期フラグシップモデル「Xiaomi Mi9」のスペックが一部公開。水滴ノッチ採用 & 画面占有率90.7%のSAMSUNG製AMOLEDディスプレイ、カバーガラスにはCorning Gorilla Glass 6、またプロセッサーに最新のSnapdragon 855、背面にはトリプルカメラを搭載予定です。

Xiaomi Mi9、ディスプレイはSAMSUNG製AMOLEDパネル。Corning Gorilla Glass 6も

追記:Xiaomi Mi9が正式発表

中国Xiaomiが最新スマートフォン「Xiaomi Mi9」のスペックを一部公開。前面には水滴型ノッチを採用したディスプレイが搭載されており、画面占有率は90.7%、またSUMSUNG製のAMOLEDパネルが採用されるとのこと。解像度はフルHD+で、カバーガラスにはCorningのGorila Glass 6が採用予定です。

本体カラーは3色が確認されており、事前情報では2層のコーティングによって独特な反射をする筐体デザインが特徴のようです。

ディスプレイ上での指紋認証スキャン

シャオミとしてはXiaomi Mi8 Pro(Explorer Edition)で採用されたin-Screenの指紋認証スキャナーですが、Xiaomi Mi9には光学式の指紋スキャン用センサーが搭載されます。

背面はトリプルカメラに

背面にはAIトリプルカメラが搭載され、48MP高解像度、16MP超広角 117°、12MP望遠のレンズを搭載。Xiaomi Mi9にはメインにSony IMX586イメージセンサーを採用。

2xの光学ズームや4cmマクロ撮影にも対応しており、Mi8とはまた違った使い方ができそうです。

プロセッサーはSnapdragon 855、AnTuTu 38万点越え

xiaomi-mi9-antutu

内蔵予定のプロセッサーにはQualcommの「Snapdragon 855」が予告されており、AnTuTu Ver 7.2.4では38万7,851点を記録しているようです。これが事実であればSnapdragon 845搭載機のスコアよりも大幅にアップしており、ハードウェアの性能向上も期待できそうです。